セーヌ川

Seine

 3/1人  |  人気指数 1,921

お気に入りに追加:0

両岸には歴史的建造物がずらり

パリのセーヌ川岸は、世界文化遺産にも登録された景観の大変優れた場所。パリを流れるセーヌ川のうち、シュリー橋からイエナ橋までのおよそ8キロほどが世界遺産登録対象となっている。セーヌ川両岸には、パリが歩んできた歴史を象徴する建物が数多く並んでおり、その代表的なものは、コンコルド広場シャンゼリゼ通り、パチ市庁舎グラン・パレ、ルーブル宮、エッフェル塔、ノートルダム寺院など。パリの名観光地が名を連ねている。セーヌ川に架かる橋にも有名なものがあり、ポンヌフ橋はセーヌ川の中でも最古のもの、アレクサンドル3世橋は、パリの橋の中でもっとも美しい橋といわれている橋である。

各旅行会社では、セーヌ川クルーズを実施している。食事つき、ナイトクルーズなど好みに合わせて選べるようになっている。特に日没は大変美しいのでおすすめ。

セーヌ川の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(カルチェラタン・自然)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.09.30 10:46
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る