マカオ半島南部旅行

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.6/1人   人気指数:1,911

世界文化遺産のひとつ!ポルトガル統治時におけるマカオ市政庁
「民政総署」は、1784年に建てられた、ポルトガル統治時における中枢「マカオ市政庁」でした。セナド広場の真向かいに位置する白い建物が目印です。 1874年の改修以来、外観内装ともほとんど変化が無く、今でも近世ヨーロッパの古き良き伝統が...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,441

地元人にも人気の飲茶
セナド広場から、グランドリスボアで左折して徒歩圏内。ビバリーホテル向かいに位置する「聚龍酒家」で飲茶ランチを。店内はかなり広くて、地元の人もたくさん訪れているようだ。大体5-6人のグループで来ていて、点心だけじゃなく大皿の料理もいろいろ頼...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.9/2人   人気指数:2,645

統治時代のマカオ総督府でシェフを務めたオーナーのお店
韓国のガイドブックにも載っているポルトガル料理の店。オーナーは統治時代のマカオ総督府でシェフを務めたこともあるという。本格的なポルトガル料理がいただける。セナド広場すぐという場所ながら、一歩入ったところなので、落ち着いた雰囲気で...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 4/5人   人気指数:2,442

マカオ観光で必ず訪れる人気観光スポット!「セナド広場」
  セナド広場はよくガイドブックで見る。広場内には、とにかくどこかで見かけたことあるような有名なものが多い。ここはマカオの中心とも言うべき場所だ。ポルトガル統治時代を反映するように南欧の雰囲気に溢れている。旧マカオ市政庁や...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,725

マカオ唯一のミシュラン三つ星レストラン
リスボアホテルにある、マカオ唯一のミシュラン三つ星レストラン。日本でもおなじみのロブションだ。十分な空間を使い、内装は豪華でさすが世界の名店という感じ。基本的にはコース料理をオーダー。まずは牡蠣と、海藻バターのパン。牡蠣が苦手でも、あま...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,554

隠れた名店
ホテルリスボアから、徒歩10分ほどのところにある、街中の庶民的な店。価格も安く、店員のおじさんがフレンドリーにいろいろと教えてくれる。奥の厨房では、恐ろしい程大きい中華鍋と、天井まで届こうかという巨大な炎が見える。炎の音が店中に響いてい...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 4.3/3人   人気指数:2,079

高さ338mの「マカオタワー」!スリル満点のアクティビティも大人気!
南灣湖の埋め立て地に2001年12月にオープンした観光スポット「マカオタワー」。高さ338mで、マカオを一望できることから、観光客だけでなく、地元の人にも夜景と食事を楽しめるデートスポットとして人気を集めています。 そして、ここ「マカオタ...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.1/3人   人気指数:2,242

マカオ地名の由来にもなったマカオ最古の中国寺院
  媽閣山のふもとに位置する「媽閣廟」は、ポルトガル人が最初に降り立った場所とされています。1488年創設といわれ、マカオで最古の寺院です。 「媽閣(真ん中の“祖”は読まない)」の中国語の発音がマカオに聞こえたとかで、この地...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 4/2人   人気指数:2,172

“バラの教会”といわれる、バロック様式の美しい「聖ドミニコ教会」
 セナド広場突きあたりに位置する、鮮やかなクリームイエローとグリーンが一際目を引く「聖ドミニコ教会」。世界文化遺産「マカオ歴史市街地区」の一つに指定され、マカオで最も美しい建築のひとつといわれています。 「聖ドミニコ教会」...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.2/1人   人気指数:1,956

貿易商、盧華紹本人と、その長男・盧廉若の家族邸宅跡
「盧家大屋(盧家屋敷)」は、19世紀末から20世紀前半にマカオで栄華を誇った中国人貿易商、“盧華紹”とその長男、“盧廉若”が住んでいた建物。 カワセミと蓮の花板樟堂街から大堂へ続く坂道(大堂巷)の中ほどに位置しています。盧華紹が建てた邸...

1~10件のトラベルノートを表示/全99件

最近見た記事
一覧見る