シティー&マリーナ観光スポット

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 4.6/1人   人気指数:1,849

7つのテーマで展示されプラナカン文化が学べるミュージアム
プラナカン博物館(Peranakan Museum)は、シンガポールやマラッカ、マレーシアで生まれた人々の文化や歴史を紹介する博物館。簡単に言えば、プラナカンとはマレー語文化圏では混血の人々のことを指し、こちらの博物館では主に中国系プラナカン文化に触...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.6/1人   人気指数:1,573

この地に第一歩を記したラッフルズ上陸記念地に立つ
ラッフルズ卿の上陸記念の地には「ラッフルズ卿彫像」が建つ。歴史上にシンガポールが現れたのは、彼がこの地に第一歩を記したから。シンガポールが英国植民地として、開発したスタンフォード ・ ラッフルズが1891年に当時シンガプラーだったこの地に上陸...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 5/1人   人気指数:1,711

シンガポール川の川岸のディナーエリア
ここは、シンガポール川沿いに沢山のレストランやバーが立ち並ぶエリアで、川岸ではカップルが夜景を眺めながら、まったりいちゃいちゃしたりする場所。そして、「ボート・キー」エリアには、中華料理をはじめ、英国式パブ、タイ料理、インド料理など世界...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 4.6/1人   人気指数:1,990

165メートル1周約30分のシンガポールの名物観覧車
2008年3月にオープンした比較的まだ新しく、シンガポールの観光の目玉の一つになった「スカイフライヤー」。高さは1165メートルあり1周約30分で、マリーナ(Marina)と呼ばれる湾岸地域の先端にあって、シンガポールの中心部と海を一望できるので...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,593

劇場やコンサートホール等を所有しドリアン・ハエの眼の愛称をもつ建物
シティホールからマリーナ地区への移動する際に、エスプラネードの地下道を通りマリーナー地区へ出る時に見える変な建物が「エスプラネード」だ。その外観から、ドリアンと呼ばれシンガポール政府観光局のマスコットキャラクター「ドリたん」のモデルになっ...

1~5件のトラベルノートを表示/全21件

最近見た記事
一覧見る