コニャック・ジェ美術館

Musée Cognacq-Jay, musée du XVIIIe siècle

 0/0人  |  人気指数 1,369

お気に入りに追加:0

ドノン邸宅を改造した美術コレクション展示館

ポンピドゥー芸術文化センター更に東へ行くと、コニャック・ジェ美術館がある。コニャック・ジェ美術館(MuseeCognacq-Jay)は、エルネスト・コニャックという人は屋台商人の出身で後にデパート「ラ・サマリテーヌ」を創設した人物。彼はロココの代表画家の作品など18世紀の美術品を蒐集し、そのコレクションを後に市に寄贈したのである。今回、パリで訪ねた数々の美術館の中で、ここだけは撮影禁止になっている。しかも管理者の数がやたらに多く、展示品にぶつからないようにと、ショルダーバックを体の前にしてくださいなど数々の注文もされた。展示品のポイントを説明してくれるなど、親切なところもあったが。

コニャック・ジェ美術館の建物は1575年頃に建てられた洒落た邸宅ドノン館を利用したもの。その後、1974年にパリ市の保有する歴史的な建造物となった。

コニャック・ジェ美術館の楽しみ方

編集履歴

・入場無料

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(マレ・博物館・美術館)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る