オペラ・バスティーユ

L’Opéra de la Bastille

 3/1人  |  人気指数 1,509

お気に入りに追加:0

フランス革命200周年を記念し建設された

『バスティーユ牢獄』で有名なオペラ・バスティーユ。劇場二つ目のオペラ・バスティーユガルニエとは全く正反対の建物で、現代らしい佇まいをしている。

ランス革命200周年を記念し、革命勃発の地であったバスティーユ広場の西側にあった駅の跡地に建設がはじまり、1989年に完成。こけら落としの公演は、1990年に行われたベルリオーズのオペラ「トロイ人」であった。

オペラ・バスティーユの設計は、47カ国1700人の応募の中からカナダ人のカルロスオットーの作品が選ばれた。外観はガラス張り、地上7階地下6階建てのオペラ・バスティーユは、コンピューター制御の舞台装置を持つ現代的な施設。


 

オペラ・バスティーユの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(カルチェラタン・名所)の記事に4名の編集者が参加しました!

オペラ・バスティーユのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る