オルセー美術館

Musée d'Orsay

 3.9/3人  |  人気指数 1,954

お気に入りに追加:1
  • オルセー美術館住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • オルセー美術館住所(現地語)住所(現地語): 

    5 Quai Anatole France, 75007 Paris, France

  • オルセー美術館電話電話: 

    01.40.49.48.14

  • オルセー美術館営業時間営業時間: 

    09:30-18:00/-21:45(木曜のみ)

  • オルセー美術館定休日定休日: 

    月曜

  • オルセー美術館日本語/可・不可日本語:  未入力
  • オルセー美術館カードカード:  未入力
  • オルセー美術館ホームページホームページ:  www.musee-orsay.fr

駅校舎だった建物を美術館に

オルセー美術館は、パリにある19世紀美術専門の美術館。印象派の作品が多く収蔵されていることでも有名な美術館。オルセー美術館の建物はもともと1900年のパリ万国博覧会の開催に合わせて作られた、オルセー駅の鉄道駅兼ホテルであったものを美術館にしたもの。手田茂の内部には鉄道駅であったときの巨大な時計など、名残が随所に残っていてちょっとした見所ともなっている。

オルセー美術館には原則として2月革命があった1848年から第一次世界大戦が勃発した1914年までの作品を展示している。絵画や彫刻などのほか、写真や、家具、工芸品なども展示されている、

昨日は3月の第1日曜で、美術館は無料の日。「たまには美術館にでも行って、芸術に触れてみませんか??」ということで、オルセー美術館へ。外には長蛇の列。あーあ・・・と思いきや、さくさくさくっと列は進み、5分もかからないくらいで入館。さすがに印象派コーナーはちょっと込んでいた。出迎えてくれたのは、かの有名な駅の名残の大時計。入口でマップはもらったけど、どうも分かりづらいこの美術館。とりあえず地上階からスタートし、印象派の巨匠たちの作品を鑑賞、「やっぱルノワールはすごい」とつぶやきながら見たいところは制覇。特別展なのか、オペラ座内部まで堪能した。オペラ・ガルニエ縦断模型。ついでに『祝典の間』のシャンデリア。豪華絢爛。ルーヴル改装時のイメージ図案なんかもあって興味深かった。最後に高いところからオルセー美術館全体を俯瞰してみる。中にはレストランもあって、セットメニューで16,7ユーロくらいだった。

オルセー美術館の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(レ・アール・博物館・美術館)の記事に8名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.03.18 09:26
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る