オペラ座

l'Opéra

 3.7/2人  |  人気指数 1,956

お気に入りに追加:1

宮殿のようなパレ・ガルニエ

オペラ座は色々な国にあるが、パリにあるのが、パレ・カルニエと呼ばれる歌劇場。19世紀後半、かのナポレオンが大規模な都市計画を打ち出し、この地にオペラ座を建設することを命じた。171の公募作の中から選ばれたのが、シャルル・ガルニエの作品であったそうで、約14年の歳月をかけて建てられた。

オペラ座の外観も細部にわたって装飾が施され大変美しいが、中に入るとまるで夢の中にいるようなさらに美しい世界が広がる。大理石の階段、金箔の壁、豪華なシャンデリアがきらめく大広間など、貴族たちのエレガントな社交場であった様子が目に浮かぶようだ。

オペラ座は、1875年から1989年までオペラ公演が行われていたが、現在は新オペラ座であるバスティーユ・オペラ座で公演が行われている。

オペラ座の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(オペラ座・名所)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.05.30 16:14
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る