ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブション

 0/0人  |  人気指数 2,039

お気に入りに追加:0

ミシュランの最高ランク3つ星レストランうちのひとつ

ジョエル・ロブションが2004年、パリにオープンしたレストラン、ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブション。現在世界でもっとも権威のあるレストランガイド、ミシュランの最高ランク3つ星レストランの8つのうちのひとつでもある。15歳で料理の道に入り、36際で独立し「ジャマン」レストランを開店、48歳の時現在の「ジョエル・ロブシャン」に店名を変更した。今や東京、マカオ、ロンドン、ニューヨーク、ラスベガス、香港に進出、世界中の人々の舌を楽しませている。

ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブション、グランメゾンの雰囲気は無いが、さすがのメニュー。既にどことなくロブション風の盛りつけが感じられた。これは凄い!盛りつけはまさしくロブションだが、さて、真ん中のものはなんだろう?絶妙の火加減の卵だった。ラビオリも得意技。サンピエール。ウズラ。おいしく頂いた。これも得意技、マッシュポテト。日本の方が迫力があった。ここはかなりカジュアル。ラトリエは日本人が多いようだが、こちらのお店では日本人はあまり来ないようだった。気さくな給仕のおじさん、ミッシェルと仲良くなった。

ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブションのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(シャンゼリゼ・フランス料理)の記事に4名の編集者が参加しました!

ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブションのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る