マドレーヌ寺院

EGLISE DE LA MADELEINE

 4/1人  |  人気指数 1,943

お気に入りに追加:1

マグダラのアリアを守護聖人としたカトリック教会

マドレーヌ寺院は、パリ8区にあるマグダラのアリアを守護聖人としたカトリック教会。1842年に完成し、ルイ18世によってカトリック教会に用途が変更された。このため外観はキリスト教の教会としてはかなり異例。まるで古代ギリシア神殿のような雰囲気を持っている。意外と大きいマドレーヌ寺院。ここの教会はステンドグラスがないが、その代わりに天井の一部がガラスになっていてそこから明かりを取り入れてる。マドレーヌ寺院の内部には、聖母マリアの婚礼像と、キリストの洗礼画、聖マグダラのマリアの歓喜像などが安置されている。

また、1849年にはパイプオルガンが置かれており、ガブリエルフォーレがレクイエムの初演を行ったことでも有名。マドレーヌ寺院の前方にはコンコルド広場の塔が見える。

マドレーヌ寺院の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(シャンゼリゼ・王宮・寺院)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る