ビラケム橋

Le Pont de Bir-Hakeim

 3/1人  |  人気指数 1,804

お気に入りに追加:0

絶好の絵葉書ショット

ビラケム橋は、パリのセーヌ川にかかる橋のひとつ。旧名はパッシー橋であったが、第二次世界大戦のビアケルムの戦いを記念するために改名された。

ビラケム橋は、人や車が通る橋の上に重なって地下鉄の高架橋が乗ってるというちょっと変わった構造の橋で、非常に特徴的。エッフェル塔がよく見えるため、「死刑台のエレベーター」や「ラスト・タンゴ・イン・パリ」など、パリを舞台にした映画にはよく出てくる。

ちょうとビラケム橋の真ん中が左右に出っ張ってて、そこがミニ展望台になっており、ここは絶好の絵葉書ショット鑑賞ポイント。同じようなことを考えてる観光客たちがカメラを構えて何人か集まっていた。夜の10時と同時にエッフェル塔のキラキラが始まる。ここからだとエッフェル塔の根元のカーブが見えるし、セーヌ川の反射も美しくてほんとうにキレイな夜景が見られる。

ビラケム橋の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(エッフェル塔・街・通り)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る