ラ・ベリエール

La Beliere Welcome

 0/0人  |  人気指数 1,790

お気に入りに追加:0
  • ラ・ベリエール住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • ラ・ベリエール住所(現地語)住所(現地語): 

    74 Rue Daguerre, 75014 Paris, France

  • ラ・ベリエール電話電話: 

    0140-475266

  • ラ・ベリエール営業時間営業時間:  未入力
  • ラ・ベリエール定休日定休日:  未入力
  • ラ・ベリエール日本語/可・不可日本語:  未入力
  • ラ・ベリエールカードカード:  未入力
  • ラ・ベリエールホームページホームページ:  la-beliere.abcsalles.com

感じのいいジャズバー

感じのいいジャズバー、ラ・ベリエールは14区、活気ある商店街、ダゲール通りに面したお店。ピアノもドラムもちゃんとそろっている。音楽が聴けるお店、パリにはたくさんありますが、ピアノがないところって結構多いのだ。エレガントなマダム、パワフルなサービスの女性がとっても素敵なラ・ベリエール。一度来ただけでも顔を覚えてくれる辺り、さすがプロフェッショナル…と感心してしまった。各席のナプキンは、マダムお手製だそう。女性ならではの心遣いも感じられるお店。聴くところによるとこのお店、最近改装したものの、もう25年もここにあるんだそう。カフェやレストランの移り変わりが激しいパリでは、それってすごいことなのだ。この夜のミュージシャンは、ギタリスト二人。奥のお兄さんがとてもいい声だった。

アペリティフにキールを。グレープフルーツのキール。爽やかで色も美しく、夏にぴったり!キールといえばカシスと思っていたが、ラ・ベリエールにはグレープフルーツやフランボワーズなど数種類のキールがある。そしてもちろんお食事も楽しめるこのお店。前菜+メイン、またはメイン+デザートで19ユーロ。とにかく外食が高くつくパリではなかなかの価格。前菜に、揚げたチーズラヴィオリのサラダと自家製ガスパッチョを。う〜んこれはなかなか美味しかった。メインは、鶏肉のグリーンカレー、グリーンカレーは初めて食べたが、口当たりはまろやかだけど、最後に結構ピリっときた。鶏肉が骨からほろっととれて美味しかった。それにしても、お皿の色使いが美しい。デザートには、バナナのタルト・タタン。ラ・ベリエールは、生演奏がとっても良いので、つつい長居をしてしまう。ミュージシャンさんたち、最後のお客が帰るまで演奏していてくれる。

ラ・ベリエールのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(モンパルナス・居酒屋/BAR)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る