ドリアン

Durian

 3.2/1人  |  人気指数 1,403

お気に入りに追加:0

南国に来たからにはチャレンジしてみたいフルーツの王様ドリアン

ドリアン

栄養豊富なフルーツの王様ドリアン。マレー半島が原産のドリアンは、マレーシアやタイが主な収穫地だが、シンガポールでも多く食べられている。マレーシアドリアンのシーズンは、6月から8月となる。やっぱり南国に来たからにはチャレンジしてみたい。というわけで、ローカルに評判とのうわさを聞いてこちらのお店に。もちろんスーパーでもドリアンは厳重にパックされて売っているわけなのだが、やっぱりドリアン屋さんから買うのが一番らしい。
まず、お店の人に自分の好みのドリアンを伝える。クリーミーなもの、繊維質なもの、ちょっと苦味があるもの、甘いものなど。そうするとおにーさんが選んでくれて、割って、まず味見をさせてくれる。で、ここでまずい、となったらそれはぽいっと捨てられ、違うのを持ってきてくれるそう。リンゴでも、紅玉やフジ、ジョナゴールドがあるように、ドリアンと一口に言っても、いろんな品種身がある。このドリアンは果肉が小ぶり。匂いも全然しない。1個10シンガポールドル。700円くらい。安いドリアンはやっぱり臭いしおいしくないよう。ドリアンはいつでも食べられるみたいだけど、7月が旬のようだった。
味は全然おいしい。確かに独特の風味。なんとも形容しがたい。まー確かにタマネギっていうのが一番近い。それよりも私は焼肉の味って感じがした。でもあま~くてとろ~っとしていて、味はやっぱり南国フルーツそのもの。マンゴーやメロン、バナナのような完熟したフルーツのそれだ。
ドリアンってお酒と一緒に飲むと胃で発酵して死んじゃうらしい。ま、医学的根拠はないようだが、この国では常識のよう。ドリアン食べたあとはゲップが良く出る。もちろんドリアン臭だ。

おじさんが車引いて売ってるような屋台で食べた。果物の王様ドリアン。女王のマンゴスチンも一緒に。果物屋のおじさんも自信をもってオススメ(?)の大ぶりで身がぎっしりのドリアン。においよりも食感の方が独特。果物なのに水っけがぜんぜん無い。食べられないほど苦手ではなかったけど、すごくお腹に溜まるネットリ感。それに比べて、女王のマンゴスチンは普通においしい。瑞々しくて甘酸っぱい。



人気メニュー食べ方


ドリアンの食べ方

●ナタなどで縦方向にわる。

      ↓

●中から出てきたクリーム色の果肉を手で食す。

※果肉の中には種があるので種の回りだけを食べること



役立つ情報


ドリアンを食べる時の注意

ドリアンとアルコールを同時に摂取すると、死にいたることがあるので注意。

ドリアンを食べ過ぎても(一度に3個や4個など)、死にいたることがあるので注意。

 

原因は不明だが、実際に例もあるといわれている。

ただし、国立健康栄養研究所によると上記の例は一例しかないとされる。

参考URL:www.nutritio.net/question/FMPro(日本語)

 



他情報


※ドリアンの匂いは大変強烈なため、飛行機内や地下鉄内、公共の建物・ホテルは持ち込み禁止となっているので注意しよう。

ドリアンのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る