昌徳宮

changdeokgung

チャンドックン

창덕궁

 4.3/10人  |  人気指数 2,988

お気に入りに追加:15
  • 昌徳宮住所(日本語)住所(日本語): 

    ソウル市 鍾路(チョンロ)区 ユルゴク路 99

  • 昌徳宮住所(韓国語)住所(韓国語): 

    서울시 종로구 율곡로 99번지

  • 昌徳宮電話電話: 

    02-762-8261/9513

  • 昌徳宮営業時間営業時間: 

    下記「利用方法」参照

  • 昌徳宮定休日定休日:  未入力
  • 昌徳宮日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 昌徳宮カードカード:  未入力
  • 昌徳宮ホームページホームページ:  www.cdg.go.kr

ユネスコの世界遺産!もっとも原型をとどめている古宮

 

昌徳宮(チャンドックン)は、正宮である景福宮についで2番目に建てられた朝鮮時代の宮殿です。15世紀初め(1405年)に建設され、景福宮が1592年に豊臣秀吉の軍勢により焼失してから1868年に再建されるまで、約270年の間王宮として利用された。平地に建てられた景福宮と違い、山の麓に位置した昌徳宮の建物と東屋は、山の地形に沿って自然と調和しながら建っています。昌徳宮は現在ソウルに現存する朝鮮時代の宮殿のなかで、その原型が最も多く残っていることと自然の優れた調和が認められ、1997年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

見学の所要時間は全体で約90分くらいです。まずは、橋を渡り、この橋の上で、下に流れる川に写る自分の身なりを見つめなおし、王様に謁見するのに相応しいかどうかを確認する場なのだそうです。そして、正殿へ。正殿へ続く通は、段ができていて、中央が一番高くなっています。中央は王様だけが歩くことのできるスペースで、一歩でも足がかかるものなら・・・。左右にある石は、左が武官・右が文官の位が彫られた石があり、これが両班を表すのだという説明。屋根に置いてある置物は魔よけで、孫悟空をイメージして順番に揃っているのだとか。入口の敦化門から入って、まもなくの建物群のあたりは緑もあまりないが、奥へ進んでいくと都心にこんな緑があったのだ!と思えるくらいの森になり、暑い夏でも木陰を散策することができる。少しずつ上りになっていくが、苦にならない上りである。両側は塀に囲まれている。遠くに近代的なビルが見えてくるが、それも束の間、すっかり緑の中に隠れてしまう。李朝数百年の歴史がある、王宮・昌徳宮は広い。といっても北部の大部分は、森林になっていてので、王様の散策などに使われたのであろう。とても、ソウルの中心部に位置するとは思えない、アップダウンのある森林で、日中でも薄暗い。やがて、起伏が終わりやや下りになって、まもなく行くと深紅の建物が見えてくる。そこが、「チャングムの誓い(大長今)」にも出てくる秘苑である。チャングムと王様の散歩シーンの撮影に、使われた場所。昌徳宮は、建物の多くが南部に集中し、北部の森林の中には離れなど小さな建物が分散して建っている。宮殿自体もいくつかの建物に分かれ,ひとつひとつはそれほど巨大ではない。

昌徳宮の楽しみ方

編集履歴

■一般観覧時間

(2月~5月、9月~10月) 9:00-18:00

(6月~8月) 9:00-18:30

(11月~1月) 9:00-17:30

※チケット最終販売は閉館1時間前まで

 

■一般観覧日本語ガイド

時間:12:30

コース:敦化門→仁政殿→宣政殿→煕政堂→大造殿→誠正閣→楽善斎

所要時間:60分

 

秘苑観覧時間

(2月~5月、9月~10月) 10:00-17:30 ※チケット販売:9:00~16:00

(6月~8月) 10:00-18:00 ※チケット販売:9:00~16:30

(11月~1月) 10:00-16:30 ※チケット販売:9:00~15:00

秘苑観覧は各回100名まで、当日現地販売50枚、オンライン予約50枚(*オンライン予約 eng.cdg.go.kr )

 

■秘苑観覧日本語ガイド

時間:10:30。14:30

コース:涵陽門→芙蓉池→不老門→愛蓮池→演慶堂→クァンラム池→玉流川→タレナム→敦化門

所要時間:90分

 

 

役立つ情報

こちらの王宮見学は木曜日をのぞいて自然&建物保護のため☆決まった時間にガイドによる見学しか受けつけてい。

自由観覧は毎週木曜のみで、観覧料金も5倍の15,000ウォンとパンフレットに書かれています。

 

☆要注意☆

*12月から3月は自由見学もなしでツアー見学のみ。

*日本語ガイドツアーは、かなり早足で進みます。年配の方、足の悪い方などは、かなりきついツアーだと思います。

*何十人もの集団についていけそうにないと思われる方は、木曜日の自由観覧に行かれたほうがよいです。

*あるいは、午前中ではなく、午後からのほうが、少し人数も少なくなるようです。

 

 

楽善斎】

晩年、方子さまが住まわれたという、楽善斎(ナクソンジェ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秘苑】

チャングムの誓いのロケ地としても 使われた場所。

王様と医女チャングムが散歩するシーンが撮影されたところでもある。

 

 

月灯り紀行

満月の夜に限定100名で行われる夜間特別公開イベント。

 

提灯を持って巡る夜の散策はとっても趣があり、昼間とはまったく違った昌徳宮の姿が見られます。

(集合) → 進善門 → 仁政殿 → 楽善斎(月明りを鑑賞) → 芙蓉池(月明りを鑑賞) → 不老門 → 演慶堂(伝統公演、茶菓子) → 後苑の森の道 → 敦化門(解散)

 

 

◎ドラマ「屋根裏部屋の皇太子」のロケ地として使用されました。

 

 

 

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2015.05.14 16:08
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

おすすめ観光クーポン

セブンラックカジノ江南コエックス店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

アクセス抜群!江南エリアでカジノを楽しむ!!

パラダイスウォーカーヒルカジノ

お食事+記念品、5万ウォンベッティング券贈呈

1968年、ソウルで最初に政府の公認を受けた...

セブンラックカジノ江北ミレニアムソウルヒルトン店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

都会の喧騒をはなれ日本では味わえないカジ...

セブンラックカジノ釜山ロッテ店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

韓国のカジノで有名なセブンラックを釜山で...

最近見た記事
一覧見る