サンタンジェロ城

サンタンジェロジョウ

Castel Sant' Angelo

 3.7/3人  |  人気指数 1,887

お気に入りに追加:0

ハドリアヌス帝の霊廟として造られた

サンタンジェロ城バチカン市国から徒歩10分ほどのところに位置する「サンタンジェロ城」。139年ハドリアヌス帝の霊廟として完成したのが始まりで 牢獄として使われてたこともあるそう。「サンタンジェロ城」という名前の由来は、グレゴリウス1世時の590年、ローマでペストが大流行した際、城の頂上で大天使ミカエルが疫病の終息を告げたことに由来する。橋の両側には城の名前にちなんで天使の彫像が並んでいる。

内部は国立博物館となっており、武具などが展示されいている。テラスからはローマの美しい景色を眺めることが出来るので、オススメだ。また、法王庁と「サンタンジェロ城」は城壁内部の小道を通れば、外部との接触なしに往来ができるといわれている。

サンタンジェロ城の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ヴァティカン市国・名所)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る