オタオタ

オタオタ

 0/0人  |  人気指数 1,586

お気に入りに追加:0

癖もなくおいしくいただけるマレー料理

オタオタ(Otak-Otak)とはマレー語で「脳」という意味。でも、こちらの料理は「脳の料理」というわけではありません。

オタオタとは、魚のすり身を唐辛子や香辛料で味付けし、バナナかパンダンかココナッツの葉で包んで、炭火で焼いた一品です。癖が無く食べやすいマレー料理。

オタオタには、魚のすり身だけでなく、かにやえびの身を使ったものもあり、地域によって味が異なります。

食べてみると、少しピリ辛の「かまぼこ」のような食感でビールなどにもよく合います。

ジョホール州では、ムアー(Muar)という町のオタオタが有名です。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(マレーシア・マレー料理)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る