ハポン村

ハポンムラ

 0/0人  |  人気指数 1,784

お気に入りに追加:0

日本人の末裔が住む地域

スペインでは日本人のことを「ハポン」と呼んでいる。セビリア近郊のコリア・デル・リオの近くに「ハポン村」という村がある。ここは17世紀に仙台藩の伊達政宗の正使として、支倉常長の慶長遣欧使節団がスペインを訪問した際に滞在したことで知られている。この時、マドリード経由のローマで教皇パウロ5世に謁見後、何故か日本に帰国したのは全員ではなかったらしい。帰国しなかった理由は、スペインの人や風土に魅せられたとか、すでに日本で洗礼を受けたキリシタンだったため当初から帰国の意思がなかったため、などと考えられている。そして、この地に残ったその末裔たちが住んでいる地域を「ハポン村」と呼ぶのである。

スペインでは名前に出身地を入れる風習があり「○○× ○○ ハポン」のようになるらしく、今でも多くの「○○× ○○ ハポン」と姓を名乗る人がいる。

ハポン村の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(アンダルシア州・街・通り)の記事に6名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る