アンダルシア州観光スポット

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,049

ムデハル様式の宮殿
スペインのセビリアにある世界遺産「アルカサル」。ここはムーア人が住んでいた建物を歴代の国王が使用していた場所だ。ムデハル様式とは、ロマネスク様式にイスラムの要素を取り入れたもので、漆喰細工が美しい「乙女の中庭」やヒマラヤ杉の円形天井を...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,061

セビリアのシンボル的存在
セビリアを象徴する建造物の1つである「ヒラルダの塔」。ヒラルダとは「風見」という意味があり、かつてイスラム教寺院の尖塔のてっぺんにあった銅製の女神の風見像に由来する。イスラム時代には数多く、こうした塔が見られたが、レコンキスタ後に破壊...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,716

小さな白い村
地中海を見渡せるリゾート地、ネルハ。そのネルハ郊外にあるのが「フリヒリアナ」だ。ネルハからバスで山道を行くこと20分。真っ青な地中海をバックに、白い家々が立ち並ぶ小さな町が見えてくる。かつて「スペインで最も美しい村」に選出されたこともあ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,160

イスラム芸術の壮麗な宮殿
ナスル朝初代王アル・アフマールがアルハンブラ城内に築城した王宮が「アルハンブラ宮殿」である。グラナダの丘の上に建っていて、夏場でも涼しい場所である。歴代王によって建築が進められた「アルハンブラ宮殿」は、7代王ユースフ1世の時代にようやく...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,619

イスラム教とキリスト教が混在する建物
イスラム時代の華やかさより、どこか郷愁的な街並みが印象的なコルドバ。そんなコルドバのシンボルである「メスキータ」は、コルドバ駅からは徒歩で30分ほどの距離に位置する。「メスキータ」はイスラム教とキリスト教の二宗教が混在する建物である。後...

1~5件のトラベルノートを表示/全25件

最近見た記事
一覧見る