トレド観光スポット

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 4.4/1人   人気指数:1,904

画家グレコが過ごした世界遺産の街
世界遺産の街「トレド」は1500年の歴史を持っており、マドリードからは南に70kmの場所に位置する。三方をタホ川と言う川に囲まれたローマ時代からある城塞都市である。ユダヤ教、キリスト教、そしてイスラム教という3の宗教から成り立つこ「トレド」...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,937

スペインカトリックの総本山
世界遺産の街「トレド」にある「カテドラル」はスペインカトリックの総本山である。1226年にフェルナンド3世によって建設が始まり、1493年に完成を遂げた。フランス・ゴシック様式の建築物だ。内部は88本の柱で支えられている。現在では、増改築により...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,857

トレドの中心
世界遺産にも登録されているトレドの街。その街の中心と言われるのが「ソコドベール広場」だ。広場の門の前には「ドン・キ・ホーテ」の作家、セルバンテスの像が観光客を出迎える。「ソコドベール広場」沿いにはカフェやショップが連なり、また、観光案...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,593

エル・グレコの作品を展示する教会
世界遺産の街「トレド」にある「サント・トメ教会」は、エル・グレコの傑作「オルガス伯爵の埋葬」を所蔵することで有名な教会だ。残念ながら「オルガス伯爵の埋葬」を撮影することは禁じられているが、しっかりと肉眼で収めておきたい。この作品は、下...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,835

もともとはキリスト教の教会
「西ゴート博物館」の建物は、元々キリスト教の教会(なのか、今も教会なのか)であるが、キリスト教風なところもあれば、イスラム風の様式になっている部分もある。いわゆるムデハル様式と呼ばれるキリスト教とイスラム教の折衷様式だ。こういった様式...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,819

旧市街の東端にある美術館
エル・グレコの作品が充実している「サンタ・クルス美術館」。旧市街の東端に位置する。元は病院だった建物は中庭があり、安らぎを感じられる。トレド大司教だったメンドーサの遺志を引き継ぎ、イサベル女王が完成させた建物である。ゴシック様式の建物...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •   minus
アルカンタラ橋の地図

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,849

中世から入城の入口となっていた橋
トレド市街地の入口に当たる「アルカンタラ橋(Puente de Alcantar)」。トレド駅からは徒歩で10数分程の距離である。トレドはタホ川(RioTajo)に三方を囲まれており、中世からここ「アルカンタラ橋」が入城の入口となっていた。この橋のオリジナルはロ...

1~7件のトラベルノートを表示/全7件

最近見た記事
一覧見る