スンゲイ・ブロウ自然公園

Sungei Buloh Wetland Reserve

 0/0人  |  人気指数 1,205

お気に入りに追加:0
  • スンゲイ・ブロウ自然公園住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • スンゲイ・ブロウ自然公園住所(現地語)住所(現地語): 

    301 Neo Tiew Crescent

  • スンゲイ・ブロウ自然公園電話電話: 

    6794-1401

  • スンゲイ・ブロウ自然公園営業時間営業時間: 

    7:30-19:00(日・祝日 7:00-18:00)

  • スンゲイ・ブロウ自然公園定休日定休日:  未入力
  • スンゲイ・ブロウ自然公園日本語/可・不可日本語:  未入力
  • スンゲイ・ブロウ自然公園カードカード:  未入力
  • スンゲイ・ブロウ自然公園ホームページホームページ:  未入力

湿地でえさを取る野鳥(渡り鳥)を観察できるスンゲイ・ブロウ湿地保護区

スンゲイ・ブロウ自然公園

バスで北へ向かい、マレーシア行きのバスの発着地点になっているクランジ駅でバスを乗り換え。「スンゲイ・ブロウ自然公園」へ行くバスは日曜・祝日しか出ていないのですが、日曜・祝日も30分に1本しかない。にもかかわらずバス停には時刻表もなく、仕方なくKranji駅前のバス停で20分ほど待ちぼうけ。
非常に苦労して到着した「スンゲイ・ブロウ自然公園」は、その名の通り湿地帯。シンガポールの観光地の標識には、必ず日本語がついている。他の言語はいずれもシンガポールの公用語なので、すごい。湿地でえさを取る野鳥(渡り鳥)を観察できるのがこの湿地保護区の最大の売りのようだが、ガイドブックによると渡り鳥の季節は10~4月とのこと。残念ながら、小鳥以外の鳥は1羽もおらず、湿地帯だけが広がっていた。それでも熱帯の湿地帯なので、マングローブを見ることができる。園内は暑いが、木々が生い茂り、時々吹く風がとても心地よかった。

観光客はなかなかいかないところではあるが、時間があれば立ち寄ってみたい。



役立つ情報


渡り鳥の観察

渡り鳥の観察ができるのは、10月から4月まで、それ以外の時期は見られないので注意!

スンゲイ・ブロウ自然公園の楽しみ方

編集履歴

・入場料1S$

※ただしアーリバードで朝08:30前に入場すると無料。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(シンガポール・公園)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る