上海蟹

 3/2人  |  人気指数 1,629

お気に入りに追加:0

上海といえばこれ

上海蟹

11月ごろが旬の上海蟹をご紹介。写真の物は蘇州にある陽澄湖のものだそうで、オス(手前)とメス(奥)のカップル蟹。10月がメス、11月になるとオスが旬となる。9月のメス、10月のオスとよく言われているが、それは旧暦なんだそうだ。ミソがこぼれないように、お腹を上にして15分ほど蒸す。蒸している間に解体用の道具を準備!!身をほじくる棒も用意。いい色に蒸しあがったらまずはオスから。ヒダヒダの肺は食べてはダメなので、きれいに取り除く。黄身のような濃厚なミソ!!たまらんー。次はメス!!ミソは少ないが、オレンジ色の卵がたっぷり。上海蟹の足は細いので、食べるのに苦労するかと思うが、麺棒を使うと、驚くほど簡単に身が取り出せるのだ。片側をハサミで切っておいて、切っていないほうからコロコロすると・・・スルンと身がきれいな形で出てくる。お店で食べる時には、はさみで足を少しずつはさみながら先へずらしていくといいそうだ。黙々と作業をして、解体完了。お料理として何か作ってみようかと思ったけど、量があんまりないしね。ってか、結局ミソとお腹の身はおやつにして、残った足と卵少々は夕食に。こんなに簡単に家で上海蟹が楽しめるなんて。皆さんも上海蟹が手に入ったら、自分なりの調理法で楽しんでみてはいかが。



人気メニュー食べ方


調理方法により、味がだいぶ変わります。いろいろな調理方法はお店のコース料理などが参考になるでしょう。



役立つ情報


美味しいですが高価なのが難点。

上海では日本よりはかなりお得ですので、存分に食べるのがよいです。

上海蟹のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(上海・上海蟹)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る