プエルタ・デル・ソル

プエルタ・デル・ソル

Puerta del Sol

 3.4/1人  |  人気指数 1,927

お気に入りに追加:0

マドリッドの起点地

プエルタ・デル・ソルプエルタ・デル・ソル」は、マドリッドから各地方へ向かう国道の起点となっているため人通りの多い場所である。ゼロ地点を示すプレートが、時計台のあるマドリッド自治政府庁前の歩道にある。また、北側カルメン通りの入口にある熊と山桃の像があり、これはマドリッドの紋章にもなっているものだ。

プエルタ・デル・ソル」は「太陽の門」という意味があり、15世紀にはマドリッドの城壁の門の一つであった。そして、17世紀から19世紀にかけて人々の待ち合わせ場所として利用されるようになった。マドリッドでも古くから開けた地域で、街の原点とも言えるところが「プエルタ・デル・ソル」だ。 周辺にはレストランも多いので、観光でぜひ、周りたいところだ。

ここの鉄道駅からは、スペイン各地への列車も出ています。

プエルタ・デル・ソルの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(グランビア周辺・公園・広場)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.12.26 17:51
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る