ワット・プラ・シー・イリヤボット

wat phra silriyabot

 0/0人  |  人気指数 998

お気に入りに追加:0

壁に浮かぶ仏像が形を留める

ワット・プラ・シー・イリヤボット世界遺産にも登録されているカムぺーン・ぺッ遺跡公園内にある「ワット・プラ・シー・イリヤボット」はスコータイ時代に作られた寺院。この寺院の壁四面には、四体の仏像が施されていたと言われている。遊行仏像、寝仏像、坐仏像、立仏像だ。しかし現在、裏側にある立仏像しか残っていない。この像は高さ9メートルある。すべての仏像が残っていたら、圧巻の光景だろう。

ワット・プラ・シー・イリヤボットの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(タイ・世界遺産)の記事に4名の編集者が参加しました!

ワット・プラ・シー・イリヤボットのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る