ワット・ナーン・パヤー

Wat Nang Phaya

 0/0人  |  人気指数 1,270

お気に入りに追加:0

一部漆喰細工が残る寺院

ワット・ナーン・パヤー

シー・サッチャナーライ遺跡公園にある「ワット・ナーン・パヤー」。スリランカ様式の仏塔で、15~16世紀に建てられたとされる。傷みが激しい古い寺院で、7つあったとされる礼拝堂も、今は1つしか残っていない。どの仏塔もシックイが崩れているが、この寺院には一部残っている。西の壁にある縦格子の窓だ。シックイが乾いて硬くなる数時間の間に彫刻を施したそう。これは植物つるをモチーフにする、初期アユタヤ様式とされている。全ての彫刻が残っていたらどんなに美しい寺院なんだろう。

ワット・ナーン・パヤーの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(タイ・王宮・寺院)の記事に8名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る