鹿港文武廟

ルーガンウェンウーミィァォ

鹿港文武廟

 0/0人  |  人気指数 1,594

お気に入りに追加:0
  • 鹿港文武廟住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 鹿港文武廟住所(現地語)住所(現地語): 

    彰化県鹿港鎮青雲路2号

  • 鹿港文武廟電話電話: 

    04-777-2148

  • 鹿港文武廟営業時間営業時間:  未入力
  • 鹿港文武廟定休日定休日: 

    無休

  • 鹿港文武廟日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 鹿港文武廟カードカード:  未入力
  • 鹿港文武廟ホームページホームページ:  未入力

文開書院と文祠、武廟からなる廟

文開書院と文祠、武廟が一か所に建てられており、文祠と武廟の垣根がつながっているため「文武廟」と呼ばれている。台湾でも非常にめずらしいもので、教育と新港が結び付いたもの。

文開書院は、台湾の書院制度の先駆けとして、鹿港に学術文化人を輩出した場所。文祠は、鹿港でも早期に設立された芸術文化団体であり、内部の壁には、鹿港が生んだ著名な書道家の作品がかざられている。武廟はおなじみ三国志の関羽をまつったもので、武にすぐれているばかりでなく、理財に長じていたといわれており、商業の神様として、参拝する人が絶えない。

最初は文開書院の方から入って、ウロウロ散策。次は文祠に。ここはというか、文開書院もざっくり言うと、学問の神様のお寺らしく、お願いごと書いた紙とかがあって、日本でも見た事ある光景だった。隣は武廟。門の側には、右の写真みたいな焼却炉のような、燃やす場所があって何を燃やすかというと、お金の紙を燃やすんそう。お願いごとを聞いてもらう為に、お金を燃やす訳にはいかないからお金を意味してる紙が売ってて、交換してそれを燃やして神様にお願いするらしい。旅行中、お寺でこの感じの焼却炉かなり見た。

鹿港文武廟の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(台湾・名所)の記事に6名の編集者が参加しました!

鹿港文武廟のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る