九壺堂茶荘

九壺堂茶荘

 0/0人  |  人気指数 2,121

お気に入りに追加:0
  • 九壺堂茶荘住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 九壺堂茶荘住所(現地語)住所(現地語): 

    台北市重慶南路三段27巷3號2F

  • 九壺堂茶荘電話電話: 

    02-2392-5893

  • 九壺堂茶荘営業時間営業時間: 

    11:00-18:00

  • 九壺堂茶荘定休日定休日: 

    土曜午前/日曜

  • 九壺堂茶荘日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 九壺堂茶荘カードカード: 

  • 九壺堂茶荘ホームページホームページ:  未入力

知る人ぞ知る、お茶好きの集う店

向かったのは重慶南路三段。普通のマンションの2階にある、「九壺堂茶荘」。名前だけは聞いたことがあったが、知る人ぞ知る、お茶好きの集う店である。サロン九壺堂茶荘の一室に入ると台北のお茶好きマダムが3人と背広の紳士が1人、小姐のいれるお茶を楽しみながらおしゃべりに花を咲かせていた。案内してくれた方は皆さんと顔見知りのようで、私もすんなりとそのグループに加わらせていただいた。堂主の蚋華氏は皆から老師と呼ばれ、台北のお茶の世界の重鎮であるらしい。ここを訪れる人たちは蚣兄佞里茶をいただきながらワイワイガヤガヤとおしゃべりを楽しみ、気に入ったお茶を一斤単位で何缶も買って行く。実は二日後もこのお店に来たのだが、その時も先客のマダムが2人いらしたのでどうやら台北のお茶好きマダムの御用達サロンとも言えるようだ。マダムたちのおしゃべりの中心は日本のマダムと変わらない。どこそこのあれが美味しい、どこそこで買った野菜は安全だ、どこそこに新しくできた店のランチは良かった、などなど。蚣兄佞里茶に人気があるのも、美味しいということはもちろんだが、土壌のいい畑で育った茶葉にこだわり、有機茶を扱っているからのようだ。台北の生活水準も向上しており、玉石混合の環境の中で一部の人たちはお金を多少出しても食の安全を確保しようと気を遣っている。私は高山茶が欲しかったのでその旨伝えると、杉林渓産の有機高山茶をまず飲ませてくれた。梨山や大禹嶺の春茶もあったのだけれど、「まあ、一応扱っているけれどね・・」と言う感じで蚣兄佞盒く勧めてはくれない。私も既に有機高山茶の購入を決めていたので、もう他の高山茶は買わなくていいかな、と思い、他の皆さんの飲むお茶をご相伴させていただくことにした。

九壺堂茶荘のオススメ商品

ここの商品を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(永康街・茶葉・茶器)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る