龍山寺

longshan Temple

ロンシャンシー

龍山寺(ロンシャンスー)

 3.9/7人  |  人気指数 1,875

お気に入りに追加:5
  • 龍山寺住所(日本語)住所(日本語): 

    台北市萬華区廣州街211号

  • 龍山寺住所(現地語)住所(現地語): 

    臺北市萬華区廣州街211號

  • 龍山寺電話電話: 

    02-2302-5162

  • 龍山寺営業時間営業時間: 

    06:00-22:00

  • 龍山寺定休日定休日: 

    無休

  • 龍山寺日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 龍山寺カードカード:  未入力
  • 龍山寺ホームページホームページ:  www.lungshan.org.tw

1738年建立の台北一古い仏教寺院「龍山寺」!

台北で一番古いという「龍山寺」は、観光客が必ず訪れる台北の人気観光スポット!

創建は1738年。何度も戦禍に見舞われて、再建を繰り返しながら今に至っています。

270年もの歴史あるこのお寺には、御本尊の「観音菩薩」をはじめとした様々な神様が集まっており、朝から晩まで、老若男女、参拝客が絶えません。

中央の本殿に配されている神様は全て仏教の神様で、そのほか道教の神様(学業・出世・恋愛・運勢・子宝・健康・金運など)は、後殿に祀られています。

得に女の子の人気を集めているのは、月下老人という恋愛の神様!運命の赤い糸も置かれているので、参拝が終わったら持っていきましょう!

お願い事を唱えて半月形のものを投げる、という「龍山寺」の名物も是非チャレンジを!

豪華な建築や像にも是非注目してみて下さいね。

 

 

極彩色で豪華な彫りモノに彩られた山門になぜか掲げられたLED電光掲示板、
名刹と商業的電光掲示とのギャップに面白さを感じてしまう、さながら”神様営業中!”といった風情だ。

寺院内には多くの人がいたが
祈りを捧げる人達は皆どこか静かであった。

本殿の観世音菩薩の他にも赤顔の関聖帝君(関羽)やふくよかなお顔の天上聖母(媽祖)、縁結びの月下老人といった道教の人気神様を集めている為か
老若男女問わず参拝の方で賑わっている。

 

 

*ユーザーさんの体験談

ここでも私は台湾の方の心の温かさに触れた。参拝用のお線香を購入したものの、線香に火を点ける場所が分からずきょろきょろしてい私を見て不憫に思ったのか、ひとりの眼鏡の青年が火の場所から参拝の順番までを教えてくれた。台湾の方の親切さ、その温かさに触れ、嬉しかった気持ちを私もいつか誰かに返したい、そんな事を考えながらお線香を供えて廻った。

龍山寺の楽しみ方

編集履歴

*聖杯で

 

お願い事を唱えて、半月型の木をふたつ合わせて・・・

投げます!

その半月型の木の出た面によって意味が変わります。

 

表裏が出た場合は、その真意を知るためにおみくじを引きます。

聖杯のお告げは、

■表と裏 成就!おみくじで真意を聞け!
■裏と裏 ダメ!→もう1回!
■表と表 どっちでもいいよ・笑!→もう1回

3回投げても表と裏が出なかった場合は、今、お願い事が叶う時期ではない、という意味。

 

 

*恋愛の神様がいる!

こちらが、龍山寺にいる恋愛の神様「月下老人」です。真剣に拝んでます
女子たちの、オソロシイほどの気迫を感じます・・・・w

恋愛祈願のやり方の紙をもらえるので、それに沿って祈願します。

お参りをすると、赤い糸がもらえます
(ご自由にお取り下さい的な感じで山積みしてあるw)

 

 

*お土産にお守りを!

 

龍山寺」ではお守りを購入。

小ぶりで可愛らしいのでお土産にしたところ大変に喜んでもらえました!

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.25 17:53
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る