カサ・ビセンス

カサ・ビセンス

Casa Vicens

 0/0人  |  人気指数 1,831

お気に入りに追加:0

現在は個人住宅として使われているガウディの作品

カサ・ビセンス1883年から1888年にかけて手がけられたガウディ建築の処女作であり、世界遺産にも登録されている「カサ・ビセンス」。ネオ・アルハンブラ様式とネオ・ムデハル様式の影響を受けた建造物である。建築主がタイル業者ということもあって、外壁にはたくさんのタイルが用いられている。鉄柵にはシュロの葉がモチーフとして使われているが、これは敷地内にシュロの木が生い茂っていたためだ。見ていて装飾が本当にキレイである。現在は個人宅として使用されているので、内部の公開はないが、もちろん外観は見学可能だ。外から見ているだけでも十分にガウディらしさがうかがえて、見どころの多い「カサ・ビセンス」。ぜひ、訪れてみて。

カサ・ビセンスの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る