サン・パウ病院

サン・パウビョウイン

Hospital de Sant Pau

 0/0人  |  人気指数 1,830

お気に入りに追加:0

最後のモンタネール作品で世界遺産にもなっている

1902年から1930年にかけて建築された「サン・パウ病院」。銀行家であるパウ・ジルの遺産を投じ、20世紀の天才建築家ドメネク・イ・モンタネールが設計を手がけた。しかし、彼は建設途中の1923年に亡くななったため、彼の意思は息子に引き継がれた。14万5000㎡という広大な敷地に48棟の建物が建ち、病棟はムデハル様式となっている。建物のいたるところにはステンドグラスや彫刻、タイルなどが施され「芸術には人を癒す力がある」というドメイクの信念が表現されている。

ドメイク最後の作品となった「サン・パウ病院」は、1997年に世界遺産に登録された。敷地内の見学は自由だが、毎日10:15と12:15には英語によるガイドツアーも行われているということなので、参加してみても良いかもしれない。

サン・パウ病院の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る