バルベリーニ宮

Palazzo Barberini

 3/1人  |  人気指数 1,850

お気に入りに追加:0
  • バルベリーニ宮住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • バルベリーニ宮住所(現地語)住所(現地語): 

    Via Barberini 18/Via delle Quattro Fontane 13

  • バルベリーニ宮電話電話: 

    06-32810

  • バルベリーニ宮営業時間営業時間: 

    8:30-19:30

  • バルベリーニ宮定休日定休日:  未入力
  • バルベリーニ宮日本語/可・不可日本語:  未入力
  • バルベリーニ宮カードカード:  未入力
  • バルベリーニ宮ホームページホームページ:  未入力

代表的なバロック様式の建築

バルベリーニ宮バルベリーニ駅の程近い「バルベリーニ宮」。入口は少し分かりづらい。「バルベリーニ宮」は1633年に建築されたバルベリーニ家の館を利用したもので、建物はボッロミーニとその師に当たるカルロ・マデルノ、さらにベルニーニらバロックの巨匠によって造られた。映画「ローマの休日」の中」で、夜中にオードリー・ヘップバーンが抜け出した宮殿がここだとか。

ここに所蔵されている有名な作品、ラフェエロの「ラ・フォルナリーナ」。この作品は画家の死から60年も経った後に発見され、画家が密かに描いたものとされる。女性の腕輪にラテン語で「ウルビーノのラファエロ」と署名があり、結ばれることの出来なかった恋人への情熱を感じさせる作品だ。かつて日本で展示されたこともある傑作である。ほかにも、人間の残虐性と暴力性を示す傑作と讃えられるカラヴァッジョの「オロフェルネスの首を斬るユディト」(1595-96)や教科書や美術史といった類の本によく出てくるホルバインの「ヘンリー8世の肖像」(1540)なども展示されている。館内はのんびりした時間が流れているので、ゆっくり名作の数々を鑑賞できそうだ。

バルベリーニ宮の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(テルミニ駅・博物館・美術館)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る