アッピア旧街道

アッピアキュウカイドウ

Via Appia Antica

 0/0人  |  人気指数 1,879

お気に入りに追加:0

古代ローマの面影が強く残る石畳

アッピア旧街道紀元前312年に執行官アッピウス・クラウディウスによって敷かれたローマ初の執行官道路である「アッピア旧街道」。大きな平らの石畳の道で、当時のローマ人の舗装技術を残している。排水設備を備えた完全舗装の2車線道路は「アッピア旧街道」が初である。起点からの距離が分かるように、1マイルごとにマイル柱石が置かれ、現在でもそれを見ることが出来る。

本当にのどかな雰囲気が広がった場所である。「女性のひとり歩きは危険」的なことがガイドブックに書かれているが、あまりそんなことは感じない。はるばる来ている観光客らしき人の姿も見れるし、近隣に住んでいるっぽいジョギングをしている人の姿もある。公園からは子供たちの遊び声も聞こえてくる。どちらかと言えば人通りは少ないし、逃げ場がないので、、万一のときには危ないかもしれないが。

アッピア旧街道」の両端には、古代の墓なんかがたくさんあって、観光のしがいがある。バスも走っているが、森林浴を楽しみながらのサイクリングもオススメだ。こ

アッピア旧街道の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ローマ・街・通り)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る