ティッセン・ボルネミッサ美術館

Museo de Arte Thyssen-Bornemisza

ティッセンボルミネッサビジュツカン

 3.6/1人  |  人気指数 1,923

お気に入りに追加:0

マドリッド三大美術館の一つ「ティッセン・ボルネミッサ美術館」

ティッセン・ボルミネッサ美術館

「ティッセン・ボルミネッサ美術館」は、ソフィア王妃芸術センタープラド美術館と合わせてマドリッドの三大美術館として紹介されることもある美術館だ。門をくぐって敷地内へ入ると、そこはちょっとした庭のようになっている。それほど広いわけではないが、開放感がある。向かって左側が美術館の入口だ。中に入ってすぐのところでチケットが購入できる(8ユーロ)。

プラド美術館は王室のコレクションを母体にしているが、「ティッセン・ボルミネッサ美術館」はティッセン・ボルミネッサ男爵の親子2代にわたる個人コレクションを母体としたものである。個人コレクションだからといって、決して規模が小さいわけではない。個人コレクションとしては、世界第二位の規模を誇る膨大なコレクションなのだ。また、内容も中世のキリスト教美術から現代作品までと多岐にわたっている。ホルバイン、デューラー、エル・グレコ、カラヴァッジョ、スルバラン、ルーベンス、レンブラント、ゴヤ、ルノワール、ドガ、モネ、ゴッホ、セザンヌ、ピカソ、カンディンスキー、シャガール、ダリ、ミロ、リキテンシュタイン等々、異なる年代の世界的巨匠の作品の数々が、「ティッセン・ボルミネッサ美術館」の収蔵品として紹介されている。ただ、コレクションの大部分は、これら超有名作家のものばかりではない。プラド美術館ほど混んでないし、広々とした空間で、ゆったりと美術を鑑賞するのにはとても良いところだ。地上階には広々としたショップが併設されているし、カフェテリアもあるので、ぜひ立ち寄ってみて。

ティッセン・ボルネミッサ美術館の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(マドリード・博物館・美術館)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.04.11 10:06
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る