マッジョーレ広場

マッジョーレヒロバ

Piazza Maggiore

 0/0人  |  人気指数 1,310

お気に入りに追加:0

街のシンボル「ネプチューンの像」がある

マッジョーレ広場ボローニャの中心広場として人々の憩いの場となっている「マッジョーレ広場」。ローマ時代にはフォロとして利用されていたという。広場内には大噴水があり、ネプチューンの像が建っている。地元の人からは「巨大ジガンテ」と呼ばれている街のシンボルである。これはジャン・ボローニャの作品で、手にはスキを、そして足元には4人の半人半魚を従えている。また、広場の四方は市庁舎、エンツォ宮殿、ボデスタ館、サン・ペトロニオ聖堂と歴史的建造物に囲まれている。

かつては政治の中心地となり、ルネサンス時代にはサッカーの試合やさまざまな遊びが繰り広げられた場所「マッジョーレ広場」。現在でも人の行き来が絶えない場所だ。

マッジョーレ広場の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ミラノ中央駅周辺・公園・広場)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る