ワット・チョーン・カムとワット・チョーン・クラーン

 0/0人  |  人気指数 1,394

お気に入りに追加:0

ビルマ風建築の寺院

ワット・チョーン・カムとワット・チョーン・クラーン「メーホーンソーン」はタイ北部のこじんまりしたのどかな街である。首長族やトレッキング目当ての観光客がほとんどなので、昼間は街に観光客が全くいない。街の中心にある大きな池と「ワット・チョーン・カムとワット・チョーン・カム」が存在感を放っている。ビルマ風建築の寺院である。どちらも本堂への見学は可能で、ワット・チョーン・カム礼拝堂には見事な大仏が納められている。また、高さ15mほどになる金色のチェディも目立つ。

ワット・チョーン・カムとワット・チョーン・クラーンの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(タイ・王宮・寺院)の記事に8名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る