ワット・チェトゥポン

Wat Chetuphon

 0/0人  |  人気指数 1,270

お気に入りに追加:0

後期スコータイ王朝の重要遺跡

ワット・チェトゥポン城壁の南門にあたるナモ門から約1.5㎞のところに位置する。後期スコータイ王朝の重要寺院とされ、南側に残る遺跡の中では最大級の規模を誇る。もともと本堂の四方には坐像、立像、臥像、遊行像と四体の仏像があったそうだが、かろうじて残っている「遊行仏」だけである。上部は残っていないが、なんとも印象的な像だ。この辺りは、あまり観光客がいなく、ひっそりとしているので、あまり一人で見学に行くのは避けたほうが良さそうだ。

ワット・チェトゥポンの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(タイ・世界遺産)の記事に4名の編集者が参加しました!

ワット・チェトゥポンのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る