齋民

齋民

 0/0人  |  人気指数 1,607

お気に入りに追加:0

有機野菜の鍋の店

有機野菜の宅配を行っている会社がオープンした鍋料理のレストラン、齋民。店内でも有機の食材をいくつか購入することができる。店内に入ると、陳列された野菜たちが出迎えてくれ、座席も白と黒で統一されたクリーンな雰囲気がとっても落ち着く。BGMも心休まる森の中の音楽。

休日のお昼に利用、メニューはコースになっており、前菜、メインディッシュ、野菜、ご飯もの、酢のドリンク、デザート、飲み物が付いてくる。注文するときはメインディシュ、鍋のダシ、ご飯ものを選ぶ形。今回は霜降りリブロース、大麦霜降り豚、ベジタリアンのメインディッシュを選択。ダシは地鶏のダシと野菜のダシ、そして玄米と桜海老と小白菜の混ぜご飯。飲み物はウーロン茶のみ。こちらももちろん有機だ。前菜、器に入っているタロイモの料理がとってもおいしかった。クリーミーでしつこくないソースがタロイモにもかかっていた。酔鶏はここの秘伝の一品だそう。台湾風野菜の浅漬け。酸味が利いていて、食欲を増進させる。3種類の地鶏から炊き出したスープと、野菜のみのダシスープ。どちらもとってもさっぱりしていて、油が一切取り除かれれいるので胃に優しい。ソースはメインディッシュに合わせて違うソースが用意される。斉民ソース、ウイキョウやゴマなどの15種類のナッツを使って作ったソース。カレー風味。好き嫌いが分かれるかもしれない。妃子ソース、いろいろなソースを使った天つゆ風のさわやかなソース、こちらは、万人に受け入れられやすいソース。野菜のバスケットには有機野菜が入ってでてくる。数えきれないぐらいの野菜の種類です。これで一日分の野菜の摂取量が補える。メインディッシュ、ベジタリアンどれも手が込んでいて、芸術品のよう。特に餃子がおいしかった。大麦霜降り豚、何日も熟成させたものだそう。霜降りは、、脂身も調度良くて鍋に良く合っていた。玄米、桜海老のまぜごはん、桜海老のまぜごはんは上海料理の菜飯に似ていた。桜海老の香ばしさがご飯とよく合っている。ぶどうの酢ドリンク、食後に出される。シャーベット状になっている。デザートあずき、スープとミルクもち、小豆スープはごく普通。ミルクもちはピーナッツがかかっていてやわらかくて優しい味。トイレまでAesopのハンドソープなどを用意していて、オーガニックへのこだわりを感じさせられた。サービスは一流ホテル並によく、どの方もとっても丁寧な態度で接してくれた。お会計約2400元(コース3人分)        

齋民のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(忠孝敦化・復興・スープ類)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る