川味小吃

川味小吃

 0/0人  |  人気指数 1,839

お気に入りに追加:0
  • 川味小吃住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 川味小吃住所(現地語)住所(現地語): 

    台北市忠孝東路四段97號B1(頂好名店城B1)

  • 川味小吃電話電話: 

    02-2781-900

  • 川味小吃営業時間営業時間: 

    12:00-21:00

  • 川味小吃定休日定休日: 

    週一・週日公休

  • 川味小吃日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 川味小吃カードカード:  未入力
  • 川味小吃ホームページホームページ:  未入力

食べたいなら並べ!

SOGO百貨付近のスーパー「頂好」のすぐ近くに「頂好名城」という、ちょっとおんぼろなビルがあるのだが、その地下にあった小さな小さなお店、川味小吃。カウンター席みたいに、10席くらいしかないため、常にたくさんの人が並んで待っている。

今回はわりと空いてるタイミングで行ったのだが、それでも30分以上は待った。川味小吃の看板メニューは、看板にも書いてあるように、紅油炒手50元ワンタンを、ラー油と香辛料などの調味料に和えて食べる一品。ラー油とピリピリっとした辛さと、香辛料(特に花椒)の香りが、食欲を倍増させる。ワンタンの具は、超がつくほど少ないのだが、ワンタン皮のツルっと感と、タレだけでも充分美味しかった。

あの香辛料の香りの豊かさは最高。小菜は豆乾30元、厚く切ってある「豆乾」は、大豆の香りがして、食感も軟らかすぎず、硬すぎず、美味しかった!辛さも控えめで食べやすい。酸辣麺55元。「酸辣」と聞くと、トロットロの「酸辣湯サンラータン」を思い浮かべる。お店でよく見かける「酸辣麺」も、酸辣湯に麺を入れたものが普通だが、ここの「酸辣麺」はサラッサラのスープに、具はほとんどナシ。スープは、ものすごーく酸味が効いていて、香辛料の香りもガツンという感じ。しかも辛い!激辛。ものすごく「酸」だし、ものすんごく「辣」!トムヤムクンみたいなかんじだろうか。ただし、トムヤムクンのような、まろやかさはない。四川料理特有の、香辛料の香りがして、ダシもきいている。とってもパンチがある味で、一気にやみつきになった。

笑麺は細麺で、スープとの相性がよかった。2杯目を食べてるときに、喉の両脇?らへんが、酸味でキューッとなる感覚がし始めた。しかも辛いので、舌がピリピリ、胃は酸味と辛さでフル稼働・・・でも、美味しかった。並んででも食べた価値があった。ここの「紅焼排骨飯」も人気だそうで、すぐに売切れてしまうほどだそう。また坦乾麺も美味しいらしい。とにかく待ち時間が長いので、辛抱が必要。注文してから料理ができるまでの時間も長い場合があるそうだ。(特に紅油炒手は遅いみたい)なので、最近では並んでいる間に注文を受けていた。

川味小吃のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(忠孝敦化・復興・牛肉麺・麺類)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る