ピラトの家

Plaza de Pilatos

 0/0人  |  人気指数 1,868

お気に入りに追加:0

様々な様式の組み合わせによって構成されるお屋敷

ピラトの家

 ピラトの家に行きました。見学は、ガイドによる屋敷内のツアーと各自で行うパティオの散策です。パティオだけ見学することもできます。私は両方、見学できるチケットを買いました。ツアーはスペイン語と英語で行われました。残念ながら屋敷内での撮影は許可されていませんでした。パティオの見学の際には音声ガイドでの説明があり、日本語の選択も可能でした。
 屋敷には多くの美術品が収蔵されているピラトの家は15世紀、アンダルシア総督であったペドロ・エンリケスによって着工され、その息子、初代タリファ公爵の時代に完成しました。この建物はムデハル様式をはじめ、ルネッサンス様式、ゴシック様式など、様々な様式の組み合わせによって構成されています。
 ピラトはゴルゴタの丘でキリストを十字架にかけたローマ総督です。スペインのようなキリスト教国で、なぜこのような忌まわしい人物の名前が屋敷名に冠されたのか不思議に思うかもしれません。タリファ公爵は熱心なキリスト教徒でした。彼はエルサレムに巡礼に行った際に、エルサレムからゴルゴタの丘までの距離を歩測で測りました。セビリアに戻ってから、彼はこの屋敷から郊外の教会までの歩測がエルサレムからゴルゴタの丘までの歩測と一致することを発見し、その道に十字架の道を作りました。一方、セビリアの人々は、巡礼後に改装が加えられたタリファ公爵の屋敷を見て、エルサレムにあるピラト総督の家を模して建てたのだろうと噂しあいました。ピラトの家の名称にはそのような由来があります。(以上、音声ガイドの説明を要約しました。)
 ピラトの家はセビリアではアルカサルに次ぐ規模を誇ります。しかしながら、アルカサルに比べて若干、見劣りがするように思われたのは、修繕が必要な箇所が目立ったからかもしれません。このピラトの家はMedinaceli Foundationという財団によって運営されており、現在でも修復作業が続けられています。

ピラトの家の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(セビリア・博物館・美術館)の記事に1名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る