金門大酒店

Pacific Hotel Shanghai

ジンメンダージウディエン

金门大酒店

 0/0人  |  人気指数 1,853

お気に入りに追加:0
  • 金門大酒店住所(日本語)住所(日本語): 

    上海市黄浦区南京西路108号

  • 金門大酒店住所(現地語)住所(現地語): 

    上海市黄浦区南京西路108号

  • 金門大酒店電話電話: 

    021-5101-5566

  • 金門大酒店FAXFAX: 

    021-6375-0350

  • 金門大酒店チェックイン/アウトチェックイン/アウト: 

    14:00 / 12:00

  • 金門大酒店日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 金門大酒店ホームページホームページ:  www.goldengateshotel.com/index.html

1989年に上海市級文物保護単位に指定された歴史建築のホテル

金門大酒店上海中心部の南京西路、人民広場の北側向かいにある。地鉄「人民広場」站も目の前にあり、交通に遊びにとても便利な場所だ。外観からして、重厚で落ち着いた近代建築の風格がある。1989年に上海市級文物保護単位に指定された歴史建築である。

この建物は1926年に竣工したイタリアルネサンス様式風の建築だ。じつに80年余りの歴史があり、その趣を今に伝えている。現在は最上階に1フロア増築されて9階建てだが、本来は8階建てだったという。エントランス附近の外部は石造り。内装は白い壁を基調にダークブラウンの木造の扉や階段の手すりが色彩のコントラストをなしていて、階段や廊下、その床に敷かれた赤いカーペットなど、近代建築ならではの落ち着きと雰囲気がある。ロビーは天井装飾やドーリア式円柱があり、照明の光色も雰囲気と清潔感を醸し出している。部屋も同様の白壁+ダークブラウンの木造で、とてもシンプルだ。

建築年代が古く、改装や修復も本来の姿を損ねないように手を入れてあるため、建てつけがやや悪くなって扉を閉めるときバタンと大きな音がしたり、廊下や階段がギシギシと軋んだり・・・、でもレトロな雰囲気を楽しむ人にはこれもちょっとした風情だ。ひとつの階に中間階があるような構造のため、同じ階でも部屋番号によっては階段を上がったりする若干迷路のような造りになっているのも、これまた歴史建築の趣を感じさせる。

ちなみに現在のホテルとしてのランクは3星級。1人で1泊400元程度なので、それほど高くはない。フロントやポーターもとても感じが良く、親切だった。立地の良さもあわせれば、おすすめのホテル。

金門大酒店の客室情報

ここの客室情報を紹介してください。

金門大酒店の客室備品

編集履歴
あり 不明 なし
テレビテレビエアコンエアコン電話電話冷蔵庫冷蔵庫
無料ミネラルウォーター無料ミネラルウォーターコーヒーメーカーコーヒーメーカーポットポットお茶セットお茶セット
ミニバーミニバースリッパスリッパドレッサードレッサークローゼットクローゼット
アイロンアイロンセーフティーボックスセーフティーボックス110Vコンセント110Vコンセント変圧器変圧器
加湿器加湿器浄水器浄水器ルームサービスルームサービスキチネット(簡易台所)キチネット(簡易台所)
パソコンパソコン無線LAN カード無線LAN カード無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(無料)無線・Wi-Fi(無料)
有線LAN(無料)有線LAN(無料)有線LAN(有料)有線LAN(有料)デスクデスク衛星テレビ/ケーブルテレビ衛星テレビ/ケーブルテレビ
ビデオゲームビデオゲーム電子レンジ電子レンジ扇風機扇風機エレベーターエレベーター
清掃サービス清掃サービス   

金門大酒店の浴室&トイレ

あり 不明 なし
タオル大タオル大タオル中タオル中タオル小タオル小バスローブバスローブ
シャンプー・リンスシャンプー・リンスボディーソープボディーソープ石鹸石鹸シャワーキャップシャワーキャップ
歯ブラシ&歯磨き粉歯ブラシ&歯磨き粉ヒゲソリヒゲソリ化粧水化粧水乳液乳液
くし・ブラシくし・ブラシドライヤードライヤーコットンコットン綿棒綿棒
浴槽浴槽ジャグジー付き浴槽ジャグジー付き浴槽シャワーシャワー共同バスルーム共同バスルーム
ウォシュレットウォシュレットコインランドリー(洗濯機)コインランドリー(洗濯機)  

金門大酒店のPLUS情報

編集履歴


他情報


周辺には、人民公園があります。

南京東路まで徒歩5分。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(南京東路・四つ星)の記事に6名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る