功徳林

ゴンデェリン

功徳林

 3.2/1人  |  人気指数 1,329

お気に入りに追加:0
  • 功徳林住所(日本語)住所(日本語): 

    上海市黄浦区南京西路445号(上海電視台に近い)

  • 功徳林住所(現地語)住所(現地語): 

    上海市黄浦区南京西路445号(紧靠上海电视台)

  • 功徳林電話電話: 

    021-6327-0218

  • 功徳林営業時間営業時間: 

    06:30-09:30(朝食)/11:00-14:00(ランチ)/17:00-20:30(ディナ-)

  • 功徳林定休日定休日: 

    無休

  • 功徳林日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 功徳林カードカード: 

  • 功徳林ホームページホームページ:  未入力

丁寧に調理された精進料理が味わえる

医食同源、ヘルシー・メニューの餐館「功徳林」。南京西路441号にある。人民公園の西側に聳え立つロケットのような外観のJWマリオットホテル上海の西側といった方が分かりやすいかもしれない。入り口は南京西路に面しているが、地味で見落としそうなくらいだ。創業は1922年と古く、絶えず評判の料理は、最高級の食材を厨房で丁寧に料理し提供している。

店内は歴史を木のぬくもりが所々に感じられる温かみのある中国スタイル。夕食の部は5時からということで、先客ともども少し店内で待たされた。用意されたお手拭の袋にもメニューやら何やらが書いてある。お茶を所望したところ、出された急須も趣があった。お茶代20元。

まず最初に出てきたのが松の実とグリンピース。肉のように見えるのも全て野菜だった。次なるは上湯芦笋。要するに芦笋なので、アスパラガスのスープということ。糖醋排骨。と言っても、スペアリブの甘酢ではない。主体は蓮根から作ってあり、肉など一切使っていない。黒く見えるのは木耳。紅油明蝦。やはりエビ料理じゃないか、というのは早とちり。実はこれ大豆から作ったもの。味も食感もエビそっくり!最後は清炒蟹粉。容器も蟹なら料理もカニミソそのもの。もちろん、これもカボチャとシイタケから出来ている。味もカニミソそっくり!しかもお茶代、お手拭代を除いた料理5品でたったの142元であった。



他情報


・北京にも店舗があります。健康ブームのせいか、とても人気があり、いつも混んでいます。

功徳林のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(南京西路・その他中華料理)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る