4大世界文化遺産めぐりツアー(昌徳宮・宗廟・華城・隆健陵)

 4.3/3人  |  人気指数 2,272

お気に入りに追加:2
  • ユネスコ世界遺産に登録された韓国の文化遺産がみれるチャンス!!
  • ユネスコ世界遺産に登録された韓国の文化遺産がみれるチャンス!!
  • ユネスコ世界遺産に登録された韓国の文化遺産がみれるチャンス!!
  • 宗廟 チョンミョ
  • 宗廟 チョンミョ
  • 写真を拡大
4大世界文化遺産めぐりツアー4名以上 120,000ウォン(11,550円)
  • ユネスコ世界遺産指定の韓国の史跡を1日で
  • 昌徳宮・宗廟・水原華城を巡るツアー
  • じっくり歴史を学べるガイド付きツアー

ユネスコ世界遺産に登録された韓国の文化遺産がみれるチャンス!!

ツアー紹介

韓国4大世界遺産 ツアーはユネスコ世界遺産に登録された昌徳宮(チャンドックン)・宗廟(チョンミョ)・水原華城(スウォン・ファソン)を巡るツアーです。

 

1.昌徳宮

■ 昌徳宮の歴史
昌徳宮は、1405年(太宗5年)、正宮である景福宮の離宮として建てられた宮殿であり、第15代王の光海君以降270年間は正宮として使われました。世宗の時には集賢殿(学問研究機関)や蔵書閣などが建てられ、1463年には当時の王だった世祖がその規模を15万坪まで拡大させました。1592年の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の際に焼失しましたが、1606年(宣祖39年)に復旧を始め1613年(光海君5年)に工事が終わりますた。1623年の仁祖反正の際に仁政殿を除く大部分の殿閣が焼失し、1647年に復旧されました。その後も数回にわたり火災が発生し、1917年には大造殿や熙政堂をはじめいくつかの内殿が焼失するなど被害は相当なものであります。

■ 見どころ
朝鮮王朝時代の宮殿の中で最も原形通りに保存されていて、宮殿のうち13棟はそのまま原形をとどめている昌徳宮。史跡第122号に指定され管理されており、1997年12月にユネスコの世界文化遺産に登録され、その文化的価値を発揮しています。
昌徳宮の後苑(フウォン)は、自然と調和のとれた美しさを充分に活かした韓国伝統の造景手法が最もよく保たれています。1976年までは自由に見てまわることができたが、観光客による毀損が深刻な状況に至り、入場を制限しています。

 

2. 宗廟

■ 宗廟の歴史
宗廟は、ソウルの中心部である鍾路区薰井洞一帯に位置しており、朝鮮王朝時代の歴代の王と王妃の位牌をまつる「祠堂」を指す言葉で、高麗時代は「太廟」とも呼ばれました。朝鮮を建国した太祖・李成桂(1392~1398)が首都を開城から現在のソウルに移し王宮の位置を決め、東側には「宗廟」を、西側には国土の神と穀物の神をまつる「社稷壇」を建てることにしました。現在は、宗廟が史跡125号、宗廟正殿が国宝第227号、永寧殿が宝物第821号、宗廟祭礼が重要無形文化財第56号、宗廟祭礼楽が重要無形文化財第1号に指定されています。 また、1995年12月に人類文化有産としてその価値を認められ、「世界文化および自然有産の保護に関する協約」に基づき、ユネスコに世界有産として登録されています。

■ 見どころ
毎年5月の第1日曜日には宗廟祭礼といって、全州李氏一族が集まり、伝統的な民族衣装に身を包み、雅楽が演奏され、荘厳な雰囲気の中、儀式が行われます。宗廟祭礼は1462年に定形化された形態を500年以上ほとんどそのまま保存・維持し続けているという。ゴールデンウィーク時期なので、日本からも毎年多くの観光客が訪れています。

韓国文化を体験するという意味で、一見の価値があります。

 

3. 水原華城

■ 水原華城の歴史
水原華城は、産業革命以前の都市城郭としては世界歴史上例のない城郭として評価され、水原華城の工事過程を詳しく書いた工事結果報告書であると言える『華城城役儀軌』という書物も残っており今日までも貴重な史料となっています。『華城城役儀軌』によると築城は1794年から1796年までの2年間、延べ人員70万人が動員、金800,000両(1両=37.5g:10匁)の費用がかかったとのこと。
朝鮮時代の第22代正祖王が、悲鳴の死を遂げた父をなぐさめようと墓を水原の花山に移し、新装する当時、百姓たちを移住させるための新都市として新たに造成したものがこの水原華城。建てられたきっかけはこのような限りない親孝行の現れでありながら、王の背後の経済基盤や軍事基盤を構築して強力な王権を回復するための試みでもありました。築き上げられた水原華城には中世の封建的な型から脱皮し、近代国家への願いや当時の変化する様子が伝統とよく調和して現れています。

■ 見どころ
八達門(南門)
宝物第402号に指定された八達門は華城の四大門の一つであり、その形がソウルの南大門や東大門と似ています。弓のように石を築き上げ、市街がソウルより狭くて城郭の直径も大きくありません。

華西門(西門)
華城の西門であり、宝物第403号に指定されています。より丈夫に築くため門の前に半月型の壁を築き上げ、敵たちが西門をたやすく攻撃できないようにしました。南側のトンネルは交通を円滑にするため最近追加したものです。

打鐘
八達山の頂上にある八達門銅鐘は、毎日10:00から18:00まで毎時間ごとに鐘を打ちます。毎時間それぞれ3回の打鐘はそれなりの意味を持っています。(父母への感謝や尊敬・家族の健康や幸福・自分の夢の実現)

華虹門(北側の水門)
水原華城を北から南へ貫く河がありそれを大川と呼び、北と南にそれぞれ北水門と南水門があります。北水門の周りには池や楼閣をよく調和して優れた景観をなしているのでそれを鑑賞するように水門の上に華紅門という楼閣を建てました。


4.朝鮮王陵(隆健陵)

水原華城から少し離れた場所にある隆健陵(ユンゴンルン)は王の墓で水原華城を築城した朝鮮王朝22代正祖大王と孝懿王后のお墓「健陵(ゴンルン)」、そして彼の親である思悼世子と惠慶宮洪氏のお墓こと「隆陵(ユンルン)」があります。 隆陵と健陵は合葬陵のことで、『隆健陵(ユンゴンルン)』と言います。隆健陵は史跡第206号として指定された文化財でもあり、2009年6月にユネスコ世界文化遺産にも登録されました。
米櫃に閉じ込められ死を迎えた思悼王世子のお墓に親孝行だった正祖が亡くなった後に父の隣の墓に埋められたと伝えられています。

 

韓国に来たなら、ぜひ、韓国世界遺産を巡りながら歴史を感じてみてください!

4大世界文化遺産めぐりツアー(昌徳宮・宗廟・華城・隆健陵)のコース紹介や利用方法

編集履歴
コース名 4大世界遺産 ツアー
ツアー催行日 毎日 (月曜日を除く)
スケジュール ホテル出発 → 昌徳宮宗廟(火曜日は仁寺洞) → 昼食 → 水原華城朝鮮王陵(隆健陵) → ホテル解散
所要時間 08:30~17:00(8時間30分)
料  金 ★料金は参加人数によって変更になります。
4名以上 120,000ウォン/1名
3名    130,000ウォン/1名
2名    150,000ウォン/1名
料金のお支払い 韓国ウォンで現地払い
条  件 1. 専用車,駐車料 ,入場料,食事代,ガイド料が含まれております
2. 交通状況により時間変更があります。
3. 毎週月曜日は昌徳宮と朝鮮王陵 (隆健陵) が休館になるため 、ツアーはお休みになりますのでご了承下さい。
基本情報
開催日時 08:30~17:00
参加可能人数 2名以上
ピックアップ場所 できるだけソウル市内のホテルでお願いします。
facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(鐘路・歴史/世界遺産)の記事に2名の編集者が参加しました!

4大世界文化遺産めぐりツアー(昌徳宮・宗廟・華城・隆健陵)のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.12.29 12:21
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

おすすめツアークーポン

ドラゴンヒルスパ

入場料割引

都心の自然体験空間!ドラゴンヒルスパ!

満足マッサージ

10~50%割引!無料送迎サービス!

鐘路の清渓川からすぐの場所に位置する韓国...

スパinガーデン5

入場料(サウナ/チムジルバン)3,000w割引

IRIS(アイリス)が撮影されたガーデンファイ...

釜山アクアリウム

入場料30%割引

地下に水族館が広がる釜山アクアリウム!子...

SKケータイレンタルサービス(韓国)

50%レンタル料割引

SK携帯電話レンタルの簡単な手続きで安全な...

最近見た記事
一覧見る