フィリピンのイベント

■フィリピンのイベント

 

*フィリピンの主な祭り

1月 1日

新年

(NewYersDay)

祝日

大晦日には街角に大量の花火を抱えた 人々が行き交う。

そのほとんどは、強力なロケット花火や連発の爆竹。

正月には多くの人たちのケガや時に死亡のニュースが流れるほどである。

カウントダウンが近づくと、あちこちで花火や爆竹がつけられ、

とてつもない音量と夜空を明るく。家の玄関先で大量の花火を打ち上げ、

音を鳴らすことで邪気を払うという意味がある。

  9日

ブラックナザレの祭り

(Black Nazarene)

 

ブラック・ナザレ祭りは、マニラ市にあるキアポ教会

毎年1月9日に行われるフィリピンを代表する宗教行事。

黒いキリスト像を山車に乗せ町中をパレードする。

全国から数十万人もの信者が参加し、

教会周辺は身動きが取れないほどの人で埋め尽くされる。

  第3週

アティ・アティハン

(Ati-atihan)

 

収穫と幼きイエス(サントニーニョ)の像を祝う

パナイ島アクラン州カリボのアティアティハン祭り。

フィリピンの祭りの中でも人気のある祭りの一つである。

人々は派手な色彩のコスチュームを身にまとい、

身体を全て黒く塗り、町中を特有のリズム「ハラ・ビラ」に合わせて

熱狂的に踊る。

  第3日曜

シヌログ祭り

(Sinulog)

 

サントニーニョ(幼きイエス)を祝うセブのダンスパレード祭り。

毎年多くの外国人が訪れる、フィリピンにおける人気の高い

フェスティバルのひとつ。

  第4週末

ディナグヤン祭り

(Dinagyang Festival)

  ユニークな衣装と熱狂的なダンスが一日中繰り広げられる。
2月 中旬 バギオ・フラワーフェスティバル  

避暑地の高原都市「バギオ」の祭り。

伝統的な民族衣装をさまざまな花で彩り、

ストリートダンスや演奏をしながらパレードする。

2週間におよぶ祭りには、海外からも多くの観光客が訪れる。

5月 1ヶ月間 5月の花祭り/フローレス・デ・マヨ
(Flores de Mayo)
 

夏本番を迎えるこの1ヶ月間、

聖母マリア像やサントニーニョ像(幼少のイエス)に

少女たちが季節の花を捧げるという

「5月の花祭り」が行われる。最終日に行われる

パレードは地域最大のフェスティバルとして名高い。

  15日 パヒヤス収穫祭
(PahiyassaQuezon)
 

収穫した米からつくったカラフルな「キーピング」という装飾で

びっしりと家々を飾りつけ、神に感謝し、

飢饉や干ばつが起こらないように祈りを捧げるお祭。

6月 1日 独立記念日
(Independence Day)
祝日  
8月 第3週 カダヤワン・サ・ダバオ
(Kadayawan Sa Davao)
 

季節の果物やランの花の収穫を祝うお祭り。

一番見物は、先住民の伝統文化を紹介するグランド・フローラルパレード。

10月 第2週 ヘルモサ・フェスティバル
(Hermosa Festival)
 

ミンダナオ島西部サンボアンガ市最大のお祭り。

ダンスパレードや物産展、レガッタ競争や「ビンタ」と呼ばれる

色彩豊かな帆船のパレードが行なわれる。

  第3週 マスカラ・フェスティバル
(Masskara Festival)
 

仮面を使ったストリート・ダンス・フェスティバル。

クライマックスは仮面ダンスパレード。

仮面の舞を一目見ようと、国内外からの観光客で

メインストリートは長い人垣ができる。

11月 1・2日

万聖節と万霊節

AllSaints'Day/St.SoulDay

祝日

日本のお盆にあたる2日間。多くの人々が地元に帰省する。

この期間には司祭によるミサや家族による墓地詣でが行なわれる。

  22・23日

ヒガンテス(巨人)・

フェスティバル(Higantes Festival)

  リサール州アンゴノで行われる、3m以上の巨人が練り歩く珍しいお祭り。
12月 24日 ランタンフェスティバル
(Lantern Festival)
 

サン・フェルナンドで行なわれる、

フィリピンにおける壮大なランタン(灯篭)パレードとコンテスト。

美しい明かりは夜を彩る風物詩となっている。

  25日 クリスマス
(Christmas Day)
祝日

25日午前0時にはキリストの降誕を祝う

「贈り物のミサ」が教会で行われる。

家庭では0時にクリスマスツリーの下に集まり、

プレゼントを一斉に開ける。

  30日 リサール記念日
(Rizal Day)
祝日

フィリピンの民族主義思想の育成に

尽力をそそいだフィリピンの英雄を記念して

多くの人が道を行進する。

 

・フィリピンのクリスマス期間

フィリピンのクリスマスは「世界一長いクリスマスシーズン」と呼ばれるほど。

「ber」がつく9月から始まるといわれている。

12月16日から行われる早朝のミサ「雄鶏のミサ」によって本格的に始まるクリスマス期間は、翌年の1月6日の公顕祭まで続く。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(フィリピン・伝統・行事)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

ここはどうですか?
フィリピンの人気トラベルノート

  • 宿
アマンプロ
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 3.9
  • /
  • 2人
、マニラから専用機で1時間ちょっとのパマ...
イラストラード
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 3.6
  • /
  • 1人
スペイン料理の名店
ディヌグアン
フィリピン料理を食す~ディヌグアン(Dinuguan)
キアポマーケット
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 3.6
  • /
  • 1人
駅から教会まで連なる市場
フィリピンのお土産
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 2.6
  • /
  • 1人
フィリピン土産はスーパーや地元の店で購...
バクラランマーケット
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1.6
  • /
  • 1人
マニラ最大の市場

もっと見る

キアポ教会
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 4
  • /
  • 1人
ブラックナザレ像で有名な教会
マニラ・ゴールデン・モスク
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 3.2
  • /
  • 1人
マニラにそびえる黄金のモスク「マニラ・...
サンタ・クルズ教会
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 3
  • /
  • 1人
カリエド駅からすぐ!庶民派の教会「サン...

もっと見る

ストアドバリューチケット
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 4
  • /
  • 1人
LRT、MRT用のお得なプリベートカード
バクララン駅
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 4
  • /
  • 1人
マーケットと直結のLRT駅
フィリピンの電圧・プラグ
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 3
  • /
  • 1人
■フィリピンの電圧 フィリピンの電...

もっと見る

最近見た記事
一覧見る