チャイナタウン旅行

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.5/3人   人気指数:2,104

プタリン通りを中心とするクアラルンプールのチャイナタウン
チャイナタウンを南北に縦断するプタリン通りをメインストリートとして、チェン・ロック通りからバライ・ポリス通りあたりまでの一帯地域。植民地時代からの古い町並みの中に、屋台や露店が並ぶ。路地が入り組んでいて、まるで迷路のような印象だ。 ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.6/1人   人気指数:2,241

クアラルンプールでは数少ないニョニャ料理屋
中国料理とマレー料理が融合した料理がニョニャ料理だ。辛さ,甘さ,酸味に各種香料を使った特徴的な味である。しかし、タイ料理ほど辛かったり,香料にくせがあったりはしないので,日本人にも受け入れやすい味だろう。中国からの移民が多いマラッカや...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.4/6人   人気指数:2,401

マレーシアのお土産はセントラルマーケットで決まり!
パサール・スニ (Pasar Seni)駅からほど近いショッピングモール、セントラルマーケット。ここには特に何がある訳ではないが、なんとなくマレーシアっぽいものが多く、お土産を探して多くの観光客が訪れる。以前は日用品など扱った地元の人の為のマ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.2/1人   人気指数:2,250

チャイナタウン内のヒンドゥー教寺院
チャイナタウンにあるヒンドゥー教の寺院「スリ・マハ・マリアマン寺院」。現在の建物は1999年に改装されているが、建立は1873年でマレーシア最大のヒンドゥー寺院である。昼夜問わず祈りを捧げにインド系の人々やってくる。見学は無料だが、入り口で脱...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,068

クアラルンプールのインド人街
マレーシアにおけるインド系の人口は約9%でを占める。マレー半島部はカリマンタン島に比べて,マレー系の人口の割合が減っていて、その分、華人系やインド系の人口が多いので,クアラルンプールではインド系は十数%になるかもしれない。 クアラル...

1~5件のトラベルノートを表示/全24件

最近見た記事
一覧見る