オールド・チャイナ・カフェ

Old China Cafe

 3.6/1人  |  人気指数 2,133

お気に入りに追加:1
  • オールド・チャイナ・カフェ住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • オールド・チャイナ・カフェ住所(現地語)住所(現地語): 

    No. 11, Jalan Balai Polis, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan

  • オールド・チャイナ・カフェ電話電話: 

    03-2072-5915

  • オールド・チャイナ・カフェ営業時間営業時間:  未入力
  • オールド・チャイナ・カフェ定休日定休日:  未入力
  • オールド・チャイナ・カフェ日本語/可・不可日本語:  未入力
  • オールド・チャイナ・カフェカードカード:  未入力
  • オールド・チャイナ・カフェホームページホームページ:  未入力

クアラルンプールでは数少ないニョニャ料理屋

オールド・チャイナ・カフェ中国料理とマレー料理が融合した料理がニョニャ料理だ。辛さ,甘さ,酸味に各種香料を使った特徴的な味である。しかし、タイ料理ほど辛かったり,香料にくせがあったりはしないので,日本人にも受け入れやすい味だろう。中国からの移民が多いマラッカやペナンなどではニョニャ料理を食べられるレストランは多いが,クアラルンプールでは少なくなる。そんな中、「オールド・チャイナ・カフェ」はクアラルンプールでニョニャ料理がいただける数少ない店だと言える。LRTプトラ線のPASARSENI駅から,徒歩7~8分ほどの場所に位置する。店内は,古きよき時代の中国というのか,とてもアンティークな造りとなっていて,壁に掛けてある中国人の写真を見ているだけでも飽きない。まるで、ここがマレーシアだということを忘れてしまうほどだ。店内のテーブル数は10卓ほどと,けっして広くはない。客層は中国人、日本人、欧米人とさまざまで、ガイドブックにも掲載されている人気店なだけに賑わっている。

オールド・チャイナ・カフェ」で必ずオーダーすべきオススメのメニューはラクサである。ラクサは米粉から作るうどんのような麺で,ココナッツ風味のピリ辛スープという組み合わせだ。エビや魚のすり身が入っていて、麺にスープがからんで意外と美味しい一品。一般的に、麺にはビーフンと中華風小麦麺があって,「オールド・チャイナ・カフェ」では中華風小麦麺を使用している。その他オーダーしたのはフライド・シュリンプ。ニンニクとココナッツミルクたっぷりのソースにからめてあって,新鮮な味だ。フライド・チキンはスパイシーなココナッツミルクの衣で揚げてあり,柔らかくて美味しい。また,香り米も歯ごたえが良く,美味である。

ニョニャ料理は、中華料理にココナッツミルクやインディカ米といったマレーシア独特の素材や味付けがプラスされたものである。いわゆる中華料理より,少し熱帯っぽく感じるのはココナッツミルクの風味のせいだろう。日本人好みの味なので,マレーシアに来たらぜひ、お試しを。人によっては癖になってしまう味だ。

オールド・チャイナ・カフェのオススメメニュー

編集履歴

・ニョニャラクサ・・・ココナツミルクと少し辛い味付けのヌードル

・ポンデ・ポーク・・・肉じゃがのような豚肉料理

・ポンデ・チキン・・・ポンデポークの鶏肉版

・ココナッツライス・・・ココナッツ油で炊き上げたご飯。ブルーのご飯もある。

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(チャイナタウン・ニョニャ料理)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.07.05 13:01
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る