民芸品からお菓子まで

台湾でお土産となるものはいろいろありますが、気がついtものは以下です。

 

1)ばらまきにはお菓子がよいですが、空港や免税店でなく、街のスーパーやコンビニの

  日本でもおなじみの製菓メーカー品が安心でき、喜ばれる。特に別味バージョンが

  よい。これだと、値段も安く済む。

2)台湾の地方都市にいくと、漢民族でなく、少数派の原住民が生活しており、たいがい、

  お土産店にその民族が身に着ける飾りや入れ物があり、これが味があり、

  安くて面白い。

3)故宮博物院や中正記念堂などの有名な観光地で買うと、日本価格。

  同じようなものでも、街のお土産店で買うほうが安い。結局、その場で買っても、

  作っているところはそんなに変わらない。

 

お土産はなかなか悩みますが、皆さんに配ろうとすると値段もかさみ、けっきょく、いろいろ考えても、ベストの選択は難しいので

以上を思いつきました。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(台湾・食料品)の記事に1名の編集者が参加しました!

台湾の土産のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.04.16 19:35
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る