小龍包

 3.2/1人  |  人気指数 1,888

お気に入りに追加:1

とにもかくにも小龍包!


とにもかくにも小龍包!「台湾に行ったらとりあえず食べるもの第一位」はやはりこやつしかおりません。

 

小籠包です。

 

向こうでは「シャオロンバオ」と発音します。

台湾で小籠包といえばやはり大部分の方が思いつくのは

鼎泰豊(ディンタイフォン)というお店。

世界10大レストランにも選ばれ日本にも出店している有名店…ですが、

私は1回しか行ったことがありません。

というのも、日本人がいっぱいいるから…ではなくて(まあそれもちょっとありますが笑)、

 

値段が高いからです。

 

確かに味は非常に美味しいです!それはホントです!疑いよう無しです!

ただ台湾に住んでいた際お金が無く貧乏性が骨身に染みついていた私は、

一回の食費が高くても80元。

安い時は30元以内でした。

そんな貧乏神にはせいろ一籠の小籠包に190元はかけられませんでした。

勿論常食として食べるわけではないので

多少高くてもわざわざ食べる外食として考えられますがやっぱり高い!

ので…私の行く所は中正紀念堂の道を挟んだ向かいにある

 

杭州小籠湯包(ハンジョウシャオロンタンバオ)です。

 

鼎泰豊のある永康街からちょこっと外れた所にあります。

ここなら一籠80元!半額以下!

そのくせ味は私的には殆ど変わらないと思います(味はほんの少し濃い目かもしれません)。

また、日本人が鼎泰豊に比べると殆どいないので

より台湾で食事してる雰囲気に浸れます。

注文はメニューに自分で注文数を書き込むだけなので簡単ですが、

全部漢字なので少しだけ予習していった方が良いかも?笑

店員さんも日本語ほとんどできませんし。

そのうちメニューの全訳なんかを載っけようと思います。

 

…なので、ぜひ台北滞在中に小籠包を食べ歩こうと思ってる方、

既に鼎泰豊を食べたことがある方には是非こっちの杭州小龍湯包にも行ってみてください!

 

また、他にも美味しいメニューが沢山あるので後日またご紹介します。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(台北市・小籠包・餃子・点心)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る