ラ・ビストロ・デ・ルオリバー

Le Bistro de L'olivier

ガンランシャオグヮン

橄欖小館

 0/0人  |  人気指数 1,270

お気に入りに追加:0

香港人のオーナーシェフMaggie Liuさんが腕を振るうフレンチレストラン

ラ・ビストロ・デ・ルオリバー

香港人のオーナーシェフMaggieLiuさんが腕を振るうフレンチレストラン、1999年から営業しています。食に関する多くの書籍を著されていまして、テレビにもよく登場される方。ランチをした当日、彼女がお客さんに挨拶回りしていました。とってもスリムで美しかった。

お店のインテリアはフランスの田舎のビストロをイメージしているそうです。そのとおりアットホームな雰囲気で気取らずにフレンチが楽しめます。壁の所狭しとミュシャの絵や写真が掛けられていました。

 

平日のランチの時間に利用しました。ランチセットが486元と688元ありましたが。シェフセットランチにしました。パンなんだか見ためがいまいち。バターが厚く塗ってある、一昔風のガーリックブレッドでした。フランス風フィッシュスープ蓋がされたままテーブルに出されるのですが、開けた瞬間パルメザンチーズの濃厚な香りがふわっと漂いました。魚以外にえびやかになどもはいっているようで、ダシがよく出ていました。バターがほとんど入っていないので、素材そのものの味を楽しめました。おいしかったです。フォアグラブリュレサラダピーカンナッツが添えられています。フォアグラがメニューの名前どおりクリームブリュレのように表面にグリルやバーナーで焦がした砂糖がのっていました。甘すぎて、フォアグラの味が生かされていません。バルサミコ酢もとっても甘くて、ちょっと苦手な味でした。

 

ラムチョップとローズマリーソース:ローズマリーがラムチョップにまぶしてありました。ラムチョップは柔らかくてよかったのですが、ソースが白胡椒の味が強くていまいちでした。マッシュドポテトがラムチョップを支えるように添えてあります。おもちのようにねっとりとした食感でした。バターの味でした。フォンダンショコラ:プロのパティシエもびっくりするほど、おいしいと太鼓判を押すほどのできでした^^特にとろけたチョコレートの部分を口に入れると、ビターでカカオの味がはっきりとした味が舌を喜ばしてくれました。イタリアから輸入したカカオ65%以上のチョコレートを使用しているそうです。スフレセットメニューのデザートはフォンダンショコラでしたが、スフレに変えてもらいました。グランマニエ味です。とっても大きいかったですが、ふわふわなのでするっといけちゃいます。コーヒーかわいいカップだったので写真に撮りました。単品で注文したイチゴのシャーベットイチゴが甘くておいしかったです。台湾にもおいしいイチゴがあるのですね~。店員さんも感じがよかったです。他にもお薦めのデザートがHPにのっていました。特にデザートをお薦めします。お会計1474元(シェフセットランチ1人分+イチゴのシャーベット割る3の値段)日本円約5159円

 

 

ラ・ビストロ・デ・ルオリバーのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(忠孝敦化・復興・洋食)の記事に2名の編集者が参加しました!

ラ・ビストロ・デ・ルオリバーのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る