旧総督邸

Government House

Government House

 3.2/1人  |  人気指数 1,882

お気に入りに追加:0

まるでヨーロッパのお城の中のよう

ガバメント・ハウスとも呼ばれる旧総督邸は、シドニーハーバーを望む王立植物園の中にある博物館。1837年から1845年の間に総督官邸として立てられたゴシック様式の建物。歴代の総督たちの好みによって集められた19~20世紀の家具や装飾品などがある。旧総督邸内部が無料で見学できたので、早速探検。撮影禁止だから、写真は無いのだが、内部は歴史を感じさせる家具、食器、そしてインテリア。まるでヨーロッパのお城の中のよう。一見の価値ありだ。どうやら、首脳会談など重要な会議に使われる場所のよう。現に、日本の安倍元首相が会議している写真があった。シドニー市内の観光バスがこの旧総督邸の前から出発している。

旧総督邸の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ロックス・名所)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る