セビーリャ・アルカサル

セビーリャ・アルカサル

Reales Alcazares

 0/0人  |  人気指数 1,920

お気に入りに追加:0

ムデハル様式の宮殿

アルカサルスペインのセビリアにある世界遺産「アルカサル」。ここはムーア人が住んでいた建物を歴代の国王が使用していた場所だ。ムデハル様式とは、ロマネスク様式にイスラムの要素を取り入れたもので、漆喰細工が美しい「乙女の中庭」やヒマラヤ杉の円形天井をいただく「大使の間」は傑作だ。

噴水・透かし彫りなど細部にわたりイスラム色が強いが、人物や紋章などが描きこまれている点は、偶像崇拝を禁じているイスラム教では考えられない装飾である。

また、歴代の国王が愛してやまなっかたという「アルカサル庭園」。ここの他にも、場内にはさまざまな様式の庭園があり、外国産の珍しい草木も植えられている。

壮麗な宮殿は細かいところまでじっくり見る価値がある場所。世界遺産にも登録されている「アルカサル」。一見の価値あり。

セビーリャ・アルカサルの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(セビリア・世界遺産)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る