ジャンヌダルク像

Une image de Jeanne d'Arc

 0/0人  |  人気指数 2,165

お気に入りに追加:0

フランスの国民的英雄

パリ、ルーブル美術館の前のピラミッド広場にあるジャンヌダルク像。馬にまたがったジャンヌダルク像は、シンボルともなっており、ここから美術館やチェイルリー公園への目印としても活用ができる。このジャンヌダルク像は、故郷であるオレルアンの方を向いている。

ジャンヌダルクは、オレルアンの乙女とも呼ばれているフランスの国民的英雄。カトリック教会における聖人でもある。百年戦争の際には当時イングランドに占領されていたオレルアンを開放に導き、また、ランスにおけるパテーの戦いでも勝利を収め、シャルル7世の戴冠式をランスで実現させた。しかしながら、イングランド軍に捕らえられ、異端者として火刑にされてしまう。当時火刑はカトリックにおいて最も過酷な刑であった。遺体が燃やされて灰になってしまえば最後の審判の際復活すべき体自体がなくなってしまうと考えられていたためだ。

現在、ピラミッド広場のほか、パリ市内、ベルサイユ宮殿、オレルアンにもジャンヌダルク像を見ることができる。パリジャンもパリジェンヌたちもみなジャンヌダルクのファンなのだろう。

 

ジャンヌダルク像の楽しみ方

編集履歴


コース紹介


【パリのジャンヌダルク像

ルーブル美術館ピラミッド広場/黄金のジャンヌ像

・ビクトル・ユーゴーの教会/少女ジャンヌの像

・サン・マルセルの通り/甲冑姿に身を包んだジャンヌ

・セーヌ川ビル・アケム橋の中州/戦場を駆け抜けるジャンヌ

・サクレクール寺院

 

【パリ以外のジャンヌダルク像

ベルサイユ宮殿

モン・サン・ミッシェル

・コンピエーニュのコンピエーニュ市庁舎

ランスのノートルダム大聖堂前

ルーアンのジャンヌダルク教会入り口

・オルレアンのサント・クロワ大聖堂の正面

・オレルアンのロワール川を挟んでオルレアン市街に向かって立つ

・オレルアンのグロロ邸

・オレルアンのマルトロワ広場
 

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(パリ・名所)の記事に7名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.01.06 10:15
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る