マラッカ観光スポット

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,969

マレーシア最古のモスク
マラッカのチャイナタウンに位置する「カンポン・クリン・モスク」は、マレーシア最古のモスクである。1748年い建築されたと言われている。屋根は木造でスマトラ様式の3層をしており、説教代には中国とインドの影響を受けたと思われる彫刻が施されてい...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus
スタダイスの地図

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,835

マラッカのシンボルでもある建物
朱色の建物でマラッカのシンボルでもある建物「スタダイス」。これは1650年にオランダ総督たちが居住するために建てられた建築物だ。今日では、歴史博物館や民族博物館が併設されており、マラッカやマレーシアの歴史を絵画やジオラマを使って解説してい...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,845

イスラム教の博物館
マラッカの観光名所が集まった中心地、オランダ広場にある「ムラカ・イスラム博物館」。異国情緒たっぷりな建物である。ここでは、マラッカ王国時代から現代に至るまでのマレーシアにおけるイスラム教がテーマとされ、スルタンの装飾やさまざまなコーラ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,501

フランシスコ・ザビエル像が建つ教会
セントポールにの丘の上にある、1521年にポルトガル人によって建てられた教会跡。というのも、ポルトガル支配時、マラッカは西洋の宣教師たちの活動拠点であった。日本にも布教に訪れたフランシスコ・ザビエルの像が「セントポール教会」に建っている。...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,374

ニョニャの文化紹介
マラッカにあるチャイナタウンにある「ババ・ニョニャ・ヘリテージ」。ババ、ニョニャとは、数百年前にマレーシアへ移り住んだ華人の男性と、現地マレー人の間に生まれた子孫のことを指す。男性をババと、女性をニョニャとそれぞれ呼ぶ。彼らは独特の文...

1~5件のトラベルノートを表示/全17件

最近見た記事
一覧見る